【丹沢】蓑毛→ヤビツ峠→大山→下社→蓑毛越→高取山→鶴巻温泉駅

【 山 名 】大山、高取山
【 山 域 】丹沢
【 日 時 】1997年10月26日(日)
【 天 候 】晴ときどきくもり
【 ルート 】蓑毛9:30→10:15ヤビツ峠10:20→11:15大山11:35→12:15下社12:20→12:35蓑毛越→13:25高取山13:30→15:15鶴巻温泉駅
【メンバー】単独

☆蓑毛から大山

 あいかわらず、ヤビツ峠行きのバス待ちは長いようです。当然、蓑毛行きに乗り、蓑毛で下車します。ヤビツ峠まで40分走破計画を立てたけど、結局45分かかってしまいました。ヤピツ峠のトイレは確かにきれいだけど、あの場所にはあいませんねえ。 ヤビツ山荘の前は人だらけでした。山道に入りますが、意外に登りがいがあり、予想とは大違いでした。下社分岐を過ぎ、急な道を登れば大山山頂です。聞いてはいたけど、素晴らしい眺めですね。あれなら、人が多いのもうなずけます。ただ、急に黒い雲が広がってきて風が出たので寒くなり、食事をそそくさと切り上げて下社に向かいます。

☆大山から高取山

 下社までは、人が多いのでかっ跳びました。きっと変な人だとおもわれたことでしょう。(^^;

 下社から蓑毛越を目指します。人が減って急に静かになります。大山の喧騒がうそのようです。蓑毛越では、ベンチで休んでいる人が多くいました。蓑毛越からは、小道を歩くとすぐ林道になり、しばらく歩いてNTTの中継所を過ぎます。なおも歩いていくと、ススキの尾根を歩きます。ススキがこんなにあるなんて、秋だなあという気がしました。ここで、前から若い人が来たのですが、60リッタークラスのザックを背負って重そうなのですが、どこでテント泊するのでしょうか。それともテント泊のために体力トレーニングか、とかいろいろ考えますが、よくわかりません。浅間山林道を過ぎると、ちょっと細くなりヤブが少しかかっています。高取山への登りは、たいしたことはないのですが、少し疲れました。高取山からは、眺めが素晴らしいです。600メートルもない低山ですが、東京の高層ビルはもちろん千葉の海まで見えていました。今日は風が多少あるので、昨日までの空中のゴミが飛んだようです。

☆鶴巻温泉へ

 高取山からは、急な下りを過ぎ、下界の喧騒が聞こえて来ます。ゆっくり降りて行きますが、倒れた木がいくつかあります。山も疲労しているのでしょうか。送電線をくぐり、300Mの地点を過ぎれば、善波峠です。ここからは、裏山という雰囲気で、たくさんの人が歩いてました。なにか場違いのところに来た感じです。吾妻山を過ぎれば、急に右に折れて車道に出ました。鶴巻温泉まではすぐでした。


ホームへ