【丹沢】大倉→戸沢→政次郎の頭→書策小屋→三の塔→二の塔→二の塔尾根→葛葉の泉→菩提原バス停

【 山 名 】鳥尾山、三の塔
【 山 域 】丹沢
【 日 時 】2006年9月16日(土)
【 天 候 】晴れのちくもり
【 ルート 】大倉7:35→8:55戸沢→10:20政次郎の頭→10:30書策小屋10:40→11:40三の塔12:10→12:25二の塔12:30→二の塔尾根→葛葉の泉→14:05菩提原バス停
【メンバー】単独

☆政次郎尾根へ

 急に涼しくなって、もう夏も終わりという感じが漂っている。久しぶりに丹沢を歩きたくなった。いつもの新宿発5時30分の急行には間に合わず、次の急行に乗る。渋沢で下車。バスには少し待ち時間がある。バスは早めに来たが、発車時間になると次々と人が来て、立って乗る人が多かった。こんなに混むバスは久しぶりなような気がする。大倉で下車する。

 仕度をして歩き出す。水無川にかかる大きな橋を渡る。階段を下って林道に降り、そこから歩いていく。樹林の中に入りしばらくすると、舗装されていない道に変わる。たまに車が来る。だいぶ歩いた頃、竜神の泉に着く。もう水汲みの人達が何人もいる。一杯だけ水が飲みたいというとコップに汲んでくれた。飲んでみたが普通の水でそんなに美味しいという水ではない気がした。先へ進む。ゲートを過ぎて、鳥尾尾根の登り口には駐車場があった。ちょうど登って行く人が見えた。

 少し斜度が上がり、歩いていくと戸沢に着く。オートキャンパーだろうか、大きなテントが見えた。右上に進む小さな林道を進むと、すぐに右に分岐している政次郎尾根への道標があった。そちらへ入る。すぐに小さなきれいな沢を渡る。顔を洗うとそこそこ冷たかった。少し先へ進むと、もう使われていなさそうな山荘を左に見て、そこから右に入る。すぐに登りになり、樹林の中を登っていく。なかなかきついが涼しいので気にならない。

 ひたすら登っていくと水音も聞こえなくなり、周りの山がだいぶ近くなる。しかし、まだ登りは続く。だいぶ登った頃、樹林から出る。木が少なくなり、後ろを振り返ると相模湾まで見える。やっぱりいい眺めだ。まだ続いて登りだが、もうそんなにきつくはない。ドーンドーンと音がしていて、雷かなと思うが御殿場の演習場の音だろう。少しゆるくなり、暗い林の中を通ると道標が見えて、表尾根の縦走路に出た。


 すぐに人に会う。見ると書策小屋は近い。せっかくなので登ってみる。少し登ると書策小屋に着いた。書策新道が分岐している。ベンチがあり、休むのにちょうどいい。もう何度も見た景色だが、やはり素晴らしい。ゆっくり休む。



 小屋から下り始める。ちょうどいい時間なのだろう、表尾根を登る人達に次々に会う。久しぶりの鎖場の下り、登りは楽しい。見ていると鎖場に慣れているか慣れていないかは一目で分かる。やはりあまり慣れていない人が多いようだ。鳥尾山は結構広く、こんなに広かったかなと思うぐらいである。昔は登るのに必死だったので、ゆっくり眺めている暇などなかった。今度、表尾根に時間をかけてゆっくり登ってみようかなと思う。


 そのまま通り過ぎ、軽く下って鞍部から三の塔の登りになる。この登りはかなりきつい。途中で一呼吸おいて休む。もう下ってくる人は少ない。ひたすら登りを頑張ると三の塔に着く。大山が見えるベンチで食事にする。日差しがかなりきついが、風が来ると涼しい。ススキが揺れているのを見ると、やはりもう夏も終わりだなと思う。



☆二の塔尾根へ

 時間があるので、ゆっくり休んでしまった。山頂から下り始める。何の花だろうか、小さな黄色の花が数輪咲いていた。下って登って二の塔に着く。ベンチがいくつもあったが、展望のない山頂には誰もいなかった。蝶がとまっていたので、写真を撮ろうとしたら逃げられた。一息ついて下り始める。道ばたには笹が多い。小道という感じで悪くない道。少し歩くと日本武尊足跡方面という不思議な道標がある。菩提へはそのまままっすぐらしい。どこへ行く道なのだろうか。そこからは少し右側が開けた所があるが、樹林の中に入ると滑りやすい下りになる。赤土も露出していて歩きにくい所が多々ある。さらに下るとあまり手入れがされていないのか、かなり暗い植林の中を通る。どんどん降下していくと、よくやく歩きやすい植林に出る。下っていくと、右後ろに二の塔がもう高かった。

 さらに下っていくと、道路が見えて、左に降りると林道に出る。渡って入口から入るが、少しヤブがかかっている。でもすぐに普通の道になり、また下る。かなり下ってきたせいか蒸し暑い。もちろん夏の比ではないが、上に比べると暑い。早く終わらないかなと思いつつ歩くと、道路が見えて、右に左に曲がりながら下れば、石段で道路に着いた。右に少し歩くと、通行止めの柵がある。左脇を回り込み、ガードレールをまたいで道路に復帰。少し下ると葛葉の泉があった。しかし、自家用車で来ている水汲みの人がたくさん。水を飲みたかったが、とても割り込める感じではないので、諦めて下る。長い舗装道路をのんびりと下っていく。途中の自動販売機でジュースを買って一気飲みすると一息つけた。川を眺めながら歩いていくと、ようやく菩提原のバス停に着く。バス時間を見ると数分で秦野行きのバスがやってきた。


ホームへ