【丹沢】鶴巻温泉駅→吾妻山→弘法山→権現山(宴会)→秦野駅

【 山 名 】吾妻山、弘法山、権現山
【 山 域 】丹沢
【 日 時 】2011年11月20日(日)
【 天 候 】晴れときどきくもり
【 ルート 】鶴巻温泉駅→吾妻山→弘法山→権現山(宴会)→秦野駅(時間計測なし)
【メンバー】ぜいぜいさん、リブル他

☆権現山へ

 懸念された雨も上がっていた。鶴巻温泉駅で集合する。みなさんお集まりで吾妻山に向かう。分岐を間違えてちょっと先に行ってしまったが、少し戻って問題なし。吾妻山に向かう道に入ると、昨日の雨で湿っぽくかなり蒸し暑い。とても11月半ば過ぎとは思えない気温である。

 しばらく樹林の中を登っていくと少し緩くなる。やがて吾妻山に着いた。わずかに木の間から眺めが見えていた。先へ進むと、朱色に色づいた葉があったりするが、全体的には紅葉はしていなかった。地味なアップダウンをしばらく歩いていく。みかん畑を左に見て、弘法山が近づくと富士が見えたが、雲がかかっていた。それよりも矢倉岳や金時山の方がよく見えていた。

 ちょっとだけ斜度のある登りを頑張ると弘法山に着く。ずいぶん久しぶりに来たような気がする。山頂には井戸の汲み上げポンプがあって、押してみるとしっかり水が出てきた。横にある古い井戸は金網が付けられていた。乳の井戸と言われていて、言い伝えによると子供を授かった女性がこの水を飲むと乳がよく出るようになると言われていたと近くの説明版に書かれていた。

 権現山に向かうと滑りやすい階段の道から、やがて幅の広い道になる。たくさんの人が歩いていて、山というよりは散歩道という感じである。階段の登りになるとちょっと木が紅葉していた。山頂に着くと、たくさんの人が休んでいる。ここで宴会である。すき焼きにキノコ汁、焼き鳥にケーキとお腹一杯になった。

 楽しい時間はあっという間である。いい時間になって、気が付くと山頂の人はほとんどいなくなっていた。下山にかかるとちょっと道を誤って元の道に戻りそうになり、途中で戻る。ちょっと酔った足にはきつくなってしまったが、秦野駅方面に下る。じぐざぐの道は思ったよりも長く感じた。川沿いの道を歩いて、なんとか秦野駅に到着。打ち上げも行い、楽しい一日は終わりを告げた。



ホームへ