【天子】白糸の滝→天子ヶ岳→長者ヶ岳→休暇村富士

【 山 名 】天子ヶ岳、長者ヶ岳
【 山 域 】天子山塊
【 日 時 】2006年9月3日(日)
【 天 候 】晴れ
【 ルート 】白糸の滝9:00→11:30天子ヶ岳11:40→12:20長者ヶ岳12:30→13:40休暇村富士
【メンバー】単独

☆天子ヶ岳へ

 早朝起きて、駅へ。朝一番の電車に乗ろうとしたら、なんと青春18切符を家に忘れてきたことに気づいた。せっかく青春18切符を使って遠出しようと思っていたのに、痛い出費になった。富士宮駅で下車するが、やはり山へ向かう人はいない。本栖湖方面行きの快速バスを見送り、白糸の滝行きのバスに乗る。

 大きな駐車場で下ろされる。さて、ここから歩きか。車道をしばらく歩いていくと、立石のバス停を過ぎる。酒屋があり、自動販売機もあるのでペットボトルのお茶を買っておく。今日は水の消費も多そうだ。舗装道路を歩いていくと、町の人達が集まっていた。何かイベントがあるらしい。おばさん達が大きな鉄板でやきそばを焼いていた。だんだん暑くなってきた。その先から林道っぽくなり、神社を左に見て、ゆるやかに登っていくと、登山口に着く。そこからは登山道になる。

 ゆるやかな道が続く。樹林の中で眺めはなく、ひたすら歩いていく。森の中を吹く風は爽やかでもう夏も終わりだなと思う。しかし、やはり登っていくとだんだん暑くなる。急な道になったと思ったら、林道に出た。林道を渡って、植林らしき所の急登になる。かなりの登りで結構きつい。少し道も荒れた感じがある。それでも、登っていくと尾根に出て、そこからは少しだけ緩やかになる。長い登りは暑い時期はやはりちょっと辛い。

 樹林がまばらになり、少し平な所に出る。先の方にかなり高い山が見えるが、あれが天子ヶ岳か。かなり縦登りになりそうな雰囲気。暑さも増してきた。歩いていくと、やはり急登になる。本当にきつい登りである。これだからガイドは逆コースしか載せていないんだね。高度はぐんぐん上がるが、スピードは下がる。見上げるようなじぐざぐの登りが続く。

 かなり登った頃、左に巻き気味に登ると、道標が見えて、佐野方面への分岐に着く。あまり歩かれていない雰囲気ではあるがロープなども見えたので、それなりには整備されているのだろう。まだ登りは続くが、もうそんなにはきつくなく、ゆるやかになると広い所に出る。右に展望台と書かれていたので、そちらへ行ってみると、富士山が雲の上からわずかだけ出ているのが見えた。



 戻って少し登ると、ピークらしくない場所に山頂の表示がある。そこで休憩にする。何の鳥か分からないが、小鳥が木の枝で遊んでいるのが見えた。誰もおらず静かな山頂である。パンの食事にする。

☆長者ヶ岳へ

 しばらく休んでいると、長者ヶ岳から人がやってきた。今日初めて会った人だ。そろそろ長者ヶ岳へ向かおう。緩やかに下りになり、それからだいぶ下る。登ってくる人にときどき会う。やはり向こうから来る人がほとんどらしい。鞍部まで下り、それから登りになる。地図の時間を見ると、天子ヶ岳から長者ヶ岳に向かう方が時間が多く書かれているので、きつい登りがあるのかと思ったが、それほどではなく、長い登りが続くだけであった。途中で団体さんに会うが、その後はほとんど人に会わない。途中でいきなり腕に何か刺されて思わず痛い、と声を上げてしまう。見ると、アブが刺したらしい。不幸中の幸いか、刺されたのはTシャツの上からだったので、多少刺された後は残ったが、腫れずに済んだようだ。

 山頂に着くと二人いたが、すぐに天子ヶ岳に向かっていったので、山頂を独り占めする。富士山方面の木が切られて開かれていたが、もう雲に隠れて何も見えなかった。反対側は身延方面の山が少し見えていたが、ぼんやりしていた。写真を撮ったが、やはりあまりよく写らなかった。

 

 地図があるので、見てみると、なんと休暇村富士は田貫湖にあるではないか。富士宮駅でもらったバスの時刻表を見ると、2時にバスがある。田貫湖入口に下山した場合、15時台に一本あるだけだ。これなら休暇村富士に下山しよう。下りは木の階段になっていて少しきつい。それでも30分ほど下ると少し緩やかになる。まだこの時間でも家族連れが登ってくる。やがて、下の拡声器の声が聞こえるぐらいになると、急に目の前が開けてベンチがある。下には田貫湖がきれいである。道標があり、そこが休暇村富士への分岐だった。ベンチに座って少し休む。風があって涼しい。しばらく座って眺めを楽しんだ。



 右に戻るような感じの道を少し進むと、じぐざぐの下りになる。あまり面白い道ではない。ウッドチップが蒔かれていて、歩きやすい道になっている。しかし、下部は少しヤブが伸びてきていた。暗い樹林の中に入り、下っていくと、広場に出る。そこからは林道をしばらく歩くと、休暇村富士に着いた。田貫湖がよく見える。まだバスの時間まで少しある。中に入ると喫茶があり、メニューにかき氷があったので頼む。マンゴー味のかき氷はとても美味しかった。地ビールもあるので、軽く飲むことも可能である。



 せっかくなのでバスを白糸の滝で下車し、見学する。これだけの滝があるのはやはりいい観光スポットである。次のバスまで時間があったのでゆっくり涼んだ。富士宮ではやきそばが地元の名物として売っているらしい。駅の中にもやきそば屋があったので、頼んでみると、少しソース味が濃い感じではあったが、なかなか美味しかった。

 熱海まで行き、久しぶりに駅前温泉に浸かる。さっぱりして小田原からロマンスカーに乗る。新型車両はきれいだったが明るいので寝にくかった。


ホームへ