【箱根】駒ヶ岳ロープウェイ山頂駅→神山→大涌谷

本当は温泉が目当てだったのに、山も歩いちゃいました。(^^;

【 山 域 】箱根
【 日 時 】1998年10月4日(日)
【 天 候 】晴れ
【 ルート 】駒ヶ岳ロープウェイ山頂駅→神山→大涌谷
【メンバー】単独

 今日は、朝4時に起きて、榛名山へ行くつもりだった。しかし、目覚めると、すでに6時30分。目覚ましを無意識に止めたようだ。時刻表で確認するが、新幹線でもバスに間に合わないので、あきらめる。せっかく早く起きたので、どこかでかけようと、箱根へ温泉旅行に行くことにした。

 8時30分のロマンスカーに乗り、小田原でバスに乗り換え、仙石原へ。「かまや」というお店で温泉に入り、釜めしを食べる。

 まだ時間があるので、まだ行ったことがない駒ヶ岳へ行こうと、バスで桃源台へ。桃源台から湖尻まで歩き、船に乗り換えて、箱根園へ。船にしても、箱根園にしても人が少なく、なにか寂しい。駒ヶ岳ロープウェイで頂上へ。さすがに降り立つと風が冷たい。この時点で、すでに1時40分である。せっかくだし、背中には、500mlの水のペットボトルが入っているので、神山へハイキングする気になった。あっという間に箱根元宮へ着く。お参りして、山行の無事を祈る。

 ここからは、走るように下りる。少し掘れているし、今日はウォーキングシューズなので歩きにくい。少しで、分岐に着いた。最初は、神山を巻いて、早雲山へ行こうと思っていたが、時間を見ると、神山を通って、大涌谷に行くほうが近いので、そちらを選択。

 がんがん登っていく。今日は風が涼しいので、まだ、それほど汗はかかない。ようやく、箱根のシーズンも来たようだ。駒ヶ岳から約1時間で神山の山頂に着いた。山頂には、数人の人が休んでいた。眺めは行き止まりの道をわずかに行った所からあるが、霞んでいてあまりよくはない。山頂からしばらく下れば、冠ヶ岳への分岐がある。細い道をわずかに行けば、山頂だが、眺めもなく、林の中だった。

 早雲山への分岐を過ぎ、下っていけば、大涌谷が見えてくる。最後の所で、水が流れていたので、手をつけたら、熱かった。(^^;
 観光客の中を少し歩くと、大涌谷に着いた。帰りは、宮の下で太閤湯へ入り、汗を流して帰途に着いた。


ホームへ