【鎌倉】鎌倉駅→杉本寺→浄妙寺→報国寺→衣張山→安国論寺→妙法寺→鎌倉駅

【 山 名 】衣張山
【 山 域 】鎌倉
【 日 時 】2003年2月9日(日)
【 天 候 】晴れ
【 ルート 】鎌倉駅→杉本寺→浄妙寺→報国寺→衣張山→安国論寺→妙法寺→鎌倉駅(時間省略)
【メンバー】単独

☆衣張山へ

 本当は富士急行沿線の山へ出掛けようと5時頃起きたら大雨。仕方ないのでまた寝て、9時頃起きたら良い天気。ということで出掛けることにした。湘南新宿ラインに乗る。今回はたまたま新宿始発のオール2F建て電車に乗ることができた。座席は少し狭いが眺めがいい。

 鎌倉駅で下車。駅を出て若宮大路へ。鶴岡八幡宮方向にしばらく進む。もう11時30分を回っており、途中の蕎麦屋に入りたくなるが、パンを買ってきたので我慢。鳥居のある信号で右折し、しばらく歩けば金沢街道に出る。分かれ道でどちらに進めばよいか分からず、左に進んでしまう。なんとなくおかしいと思い、戻って右の道へ進めば、杉本寺への道標があった。

 杉本寺、浄妙寺、報国寺と見学する。報国寺を出たら、すぐ左にある小さな道を進む。しばらく進むと、十字路が出てくるので、左に曲がると、登り道になる。住宅を抜ければ、ハイキング道らしくなって、山に入る。折り返しながら登ると、頂上近くなって左に「展望の道」と書かれた道が分かれている。そちらに入り、少し進むと展望が開ける。なかなか気分が良い。思ったよりも住宅が見えず、意外に山がある。

 また登るとすぐに頂上に出る。結構広い感じ。海が見えてなかなか気持ちが良い。左にある高い煙突は、ごみ焼却場だろうか。せっかくの展望の邪魔である。遅い昼食とする。近くにはお地蔵さんがあり、その前になにやら説明があった。前に立って拝むととてもいいお顔をされます、とのことなので、賽銭を入れて拝んでみた。

 頂上を後にして下り、少し進むと浅間山である。団体さんが写真を撮っていた。さっさと進む。すると、団体さんらしき人達がやってきた。先頭にいた人が、「いっぱい来ますので、構わず進んでください」と言う。確かに、後から後から人がやってくる。閉口しながら下っていく。しかし人の列は途絶えることがない。100人近くはいたのではないか、というぐらい人がいた。

 住宅に出ると人の列はようやく途切れ、しばらく車道の横の土の道を歩く。林の中に入り、左に曲がると舗装された道に出て、少し進むと、右に道が分岐。そちらへ進むと、パノラマ台の表示があるので、行ってみる。軽く登ると、パノラマ台に着いた。小さな場所だが眺めは良い。しかし、衣張山から見えた煙突がさらに近くて目障りだ。先着のカップルもいたので、邪魔しないようにさっさと分岐まで戻る。

 左に道を分岐し、杭の立つ右の道に入ると、静かな雰囲気になる。やがて左が開けて、崖をちょっとけずったような感じの場所に出る。このあたりが「お猿畑の大切岸」だろうか。

 さらに進むと、左に道が分かれる。ちょっと迷うが、右へ軽く登り、さらに進むと「名越の切通し」と表示のある分岐に着く。右へ下ると今朝の雨のせいか少し湿気の多い道になるが、それもすぐに終わり、線路の横の道を下っていくと踏み切りに出た。後は、安国論寺、妙法寺などを見学し、鎌倉駅に戻った。


本当に軽い山でした。散歩にいいと思います。


ホームへ