【草津】白根火山→湯釜往復→歩道最高点→万座温泉

【 山 名 】草津白根山
【 日 時 】2000年7月9日(日)
【 天 候 】はれ ときどき くもり
【 ルート 】白根火山10:05→湯釜往復→11:30歩道最高点11:50→13:00万座温泉
【メンバー】単独

 朝、4時に目覚めるといい天気のようだ。台風一過は続いてくれるだろうか。本当だったら、土曜日から八ヶ岳へテント泊予定であったが、朝は台風で大変だったので、あきらめたのだった。新幹線で高崎へ。吾妻線の長野原草津口で降りると、結構、登山者らしき人が多かった。みんな白根山へ行くのだろうか。バスは草津温泉に止まるが、白根火山方面へ行く人がほとんどであった。白根火山への途中からは浅間山をはじめとして、多くの山が見えた。やっぱり天気がいいと気持ちも良い。白根火山バス停で降りる。天気が良いせいで、観光客だらけ。いつも通り相変わらず大きなザックを持った私は浮いているようだ。

 まずは、湯釜へ。たいした登りではない。すぐに湯釜到着。水はエメラルドグリーンで素晴らしい。こんな色は写真でしか見たことがなかったが、本当にこんな色なんだ。またバス停に戻り、今度は、反対の方向へ登っていく。久しぶりの登りなので、こんなたいしたことがない道でも息が切れてしまった。果たして夏山は大丈夫なのか心配になってきた。

 逢ノ峰山頂には休憩舎があった。水を飲んで休むと少しは風が涼しい。再び歩きだすと、下りになるが、急に道が細くなり、笹も被っているような感じになる。少しは手入れしてくれないかとも思う。リフトのそばを通り、下っていくとゴンドラからの道に出る。また登りになる。ゴンドラで上がる人が多いのだろう。結構人がいる。木道が出てきて、尾瀬みたいな気分になる。登りの途中には、イワカガミが数株だが咲いていた。

 登りが終わると、急に目の前が広くなる。ここから噴火口跡のような所を下るが、ここからコマクサのオンパレードである。しかし、残念なことにみんなしおれていた。カメラマンらしき人が話をしていて、その話しを聞いていると、台風で雹も降ったらしい。ほとんどピンクのコマクサであった。白も数株植えたらしいがまったく見かけなかった。ぐるっと回り、登りが終わると、そこは最高点らしい。多くの人が休んでいる。私も休む。だんだんと雲が上がってきた。

 出発し、少し歩くと、樹林の中を通り、また、眺めの良いところに出た。三角点への道はロープがあって行けないようになっているが、乗り越えている人がいた。ガスに巻かれてもしらないぞ。そこからは、階段の下りになる。こちらは静かな道のようだ。虫が多いのが今一つだが、樹林の中へ入れば涼しい。途中でガスの匂いがするのもこのあたりらしい気がする。

 かなり下ったところで、ご夫婦に会う。「この道は初めてですか?」と聞かれたので、「初めてですけど」と答えると、そのまま行ってしまった。今まで山を歩いていて、初対面の人に「初めてですか」と聞かれて、それだけで会話が終わってしまったのは初めてだ。何を聞きたかったのだろう???

 それ以来誰とも会わず、目の前が開けると、そこは万座温泉であった。残念ながら登山口は万座温泉でも下の方である。車道をしばらく登って、万座温泉ホテルまで行き、入浴。バスで軽井沢まで出て、新幹線で帰った。


 とっても短い山行でしたが、なかなか楽しめました。台風の前の平日であれば、最高のコマクサの群落が見られたと思います。また、来年あたり行きたいなぁ。



ホームへ