【奥秩父】三峰口駅→秩父御岳山→大滝温泉遊湯館

軽い山行と温泉を目当てに秩父御岳山へ行ってきました。

【 山 域 】奥秩父
【 山 名 】秩父御岳山
【 日 時 】2002年11月9日(土)
【 天 候 】晴れのちくもり
【 ルート 】三峰口駅10:25→12:10秩父御岳山12:30→13:30大滝温泉遊湯館
【メンバー】単独

☆秩父御岳山へ

 少しだけ早起き。飯能から三峰口直通の電車に乗る。三峰口で下車。いい天気だが、少し風がある。支度を済ませて出発。秩父のお寺巡りの人達が多い。白川橋を渡る。山は紅葉しているものの色づきはあまり良くない。しばらく歩き、小鹿野方面へ向かう道へ入る。ちょうど村祭りがあるらしく、人が結構いた。すぐに道標があり、左へ舗装された細い道に入る。

 少し登ると左にまた分岐がある。そちらへ入ると、すぐに墓地となる。ちょうど地元の人か、一人降りてきて、「ここから御岳山へ登るの?」「そうです。」と会話する。しばらく細い道を登ると、墓地から離れて、登山道となる。このあたりは植林だ。空は青く、澄んでいるのがうれしい。自然林の中はいい雰囲気だ。左が開けると三峰口の町並みが見える。裏から見る武甲山は久しぶりだ。またしばらく登っていくと、降りてくる人達がいる。電力会社の人達のようだ。鉄塔のメンテナンスでもしたのだろうか。少し登ると鉄塔があった。

 やがて尾根に乗ると少し風が右から来ていて寒い。やがて植林の中に入る。最初はゆるやかな下りだが、だんだん登りになり、じぐざぐに登るようになる。少し空が曇ってしまって、寂しい雰囲気である。道が尾根の右に行き、回り込むように登る。かなりの風が吹いていて、松からパラパラと細かい葉などが降ってくる。バサッとザックに当たるので何かと思ったら、かなり大きな枝だったのには驚いた。また尾根の左側を歩くようになると、細かい白いものが落ち始めた。ん?もしかしてこれは雪?まだ11月上旬なのに?

 やがてまた自然林の尾根に出ると、右からの風を受ける。しばらく風が強く、寒いがウィンドブレーカーを出すのが面倒でそのまま進む。下でガタガタと音がするので、熊か何かが騒いでいるのかと思って警戒して歩いていくと単に工事をやっていただけだった。(^^;

 すぐに古池の分岐。道標が倒れたのか、道の上に置いてあり、間違えることはないだろう。少し進むと、かなり高い山が見えてくる。ありゃ、あれが御岳山か。まだまだ登るのね。このあたりにあるカエデが一本だけだが、赤くてなかなかきれいだった。尾根の左へ入ると、静かになる。風がなくなると気持ちも少し落ち着く。折り返したりしながら、登っていく。

 また右からの風を受けて登ると、久しぶりに「山頂まで後10分」の看板。有名な山によく付いているが、こんなもの付けないでほしいと思う。また雪が落ちてきた。すぐに強石への分岐。寒いし、小雪が少し強くなったので、ウィンドブレーカーを着る。すぐに山頂に到着。ご夫婦の方がラーメンを食べていた。その先に展望がある。右の両神山や左の雁坂峠あたりはよく見えていたが、その奥は白い雲に覆われている。周りは小雪が風に吹かれて左に右に複雑に乱れ飛んでいた。

☆下山

 食事をして、しばらく座って眺めをなんとなく楽しんでいると、風と雪がピタッと止んだ。すると、急に凍えそうな冷たい空気に包まれる。あまりにも寒いので、下山することにした。落合へは最初は急な下り。ロープや鎖もあるが、それほど危険という訳ではない。すぐに道標があり、尾根から外れて左へ下るようになる。

 ぐんぐん下っていくと、建物らしきものが見えたが、建物ではなく、林道のトンネル入り口だった。こんな所に林道を作って、何に使うのだろう。林道には出ず、そのまま右を下っていく。林道のせいで急降下になり、木などを掴んでの下りである。

 やがて沢が左に出てきて、しばらく下ると道を誤ったのか、岩場で道が終わっていた。少しだけ登り返して、沢に出る道をとると、やはり同じように間違った人が多いのだろう、沢を渡った向こう側に踏み跡が登っていて、それを登ると正規の道に戻った。沢沿いの道はやはり多少道が荒れている感じのところもある。途中、木の橋が壊れかけているところがあった。これは早く補修して欲しいと思う。

 たいした距離ではないかと思っていたが、意外に長い。やがて堰堤がいくつも出てきて、その右横を下るようになると、少しずつ車道を走る車やバイクの音が聞こえてきて、車道に出る。少し下れば、バス道路に出る。横断歩道を渡り、左へ進めば落合のバス停があり、その先へ進めば、見慣れた大滝温泉があった。冷えた体を温泉で温め、バスで三峰口へ戻った。


 11月だというのに、小雪が舞うとは思いませんでした。今年は冬が早いですね。秩父御岳山は、簡単に登れると思ってましたが、三峰口から登ると結構歩きがいのある行程でした。そのかわり落合への道は林道もあって興ざめでしたけど。でも、温泉が下山地にあるのは、やはりいいものですね。(^^)



ホームへ