【奥多摩】御岳駅→光仙橋→日の出山→日の出つるつる温泉

【 山 名 】日の出山
【 山 域 】奥多摩
【 日 時 】1998年3月28日(土)
【 天 候 】晴れ ときどき くもり
【 ルート 】御岳駅10:50→光仙橋11:05→12:30日の出山12:55→13:40日の出つるつる温泉
【メンバー】単独

☆日の出山へ

 最初は、御前山へ行くつもりで目覚ましをかけたが、起きられなかった。目覚めると、すでに8:00だったので、どうしようかと、先日買った奥多摩の本を探すと、日の出山北尾根の記述が見つかった。御岳駅から車道を歩く。ケーブルカー駅行きのバスやトラックが走る道に沿って歩いていく。光仙橋を渡った所から石段を登って尾根に取付く。仕事用に使われているのか、意外とはっきりした道だ。いきなり、かえるが道のまん中に鎮座していて、びっくりしてしまった。ところどころ、分かりづらいところがあるが、赤テープに助けられ、登っていく。

 30分ほど登ったところで、岩があり、その岩を越えると、展望台になっていて、惣岳山が目の前に大きく見える。しばらく休憩した。さらに登っていくと、右に御岳山の山上集落が見える。あんなところに家があって、よく落ちないものだ。植林を抜けると、明るい雑木林になる。奥多摩らしい雰囲気が漂っている。やはり人が入らない尾根なので、自然がそのまま残されているようだ。登りつめると、日の出山までは、もう少しだ。尾根が細くなり、左にまがり、下りきると、最後の登りだ。見上げるような山頂までの登りは、結構きつかった。石垣を乗り越え、少し登れば、山頂に出た。

☆温泉へ

 今日は時間も遅いし、春霞で、雄大な展望は残念ながらない。山頂を後にし、つるつる温泉へと向かった。下りは、一般登山道でもあるし、とっても楽だ。あっという間に道が舗装道路となり、どんどん下っていくと、きれいな舗装道路に出た。看板に従って左へ曲がり、少し登ると、つるつる温泉に着いた。

 温泉は、最近出来ただけあって、非常にきれいだった。木の白さがいい雰囲気である。しかし、湯船から見えるガラスの外に植林が見えるんだけど、いつ手入れするんだろうか。お湯は、すべすべして気持ちがいい。サウナもあって、入ったが、小さいので、6人も入ればいっぱいである。もう少し大きめに作ってほしかった。休憩した後、変な形の乗りにくいバスに乗って武蔵五日市駅へ出た。普通のバスの方がいいとおもうのだが。


 短い行程ではありましたが、とても楽しめました。ただ、一般登山道とは違い、多少やぶっぽい所や、分かりづらい所があったので、安易に踏み込んではいけないでしょうね。


ホームへ