【奥多摩】鳩ノ巣駅→大楢峠→御岳神社→日ノ出山→日の出つるつる温泉

【 山 域 】奥多摩
【 日 時 】2000年6月18日(日)
【 天 候 】晴れ のち くもり
【 ルート 】鳩ノ巣駅10:40→11:35大楢峠11:45→12:40御岳神社12:45→13:35日ノ出山13:55→14:40日の出つるつる温泉
【メンバー】単独

☆御岳山へ

 家を出ると、もう8時30分過ぎである。鹿倉山へ行きたかったのだが、この時間からでは温泉入浴の時間がない。鹿倉山へ行くときは、温泉とセットで行きたいと思っているので、今度にする。列車の車内でガイドブックを読み、簡単に行ける御岳山にすることにした。

 鳩ノ巣駅で降りるのは初めてだということに気がついた。駅前には、何軒かお土産屋があった。仕度をすませて出発する。こんなにいい天気なのは久しぶりだ。気温もそれほどは高くなく、風が涼しい。近道と書かれた階段を降りると、車道に出る。とりあえず左に進むが、橋らしきものがない。駐車場のところから下を見ると、橋があるようだ。車道を戻ると指導標があった。

 橋を渡り、車道をしばらく歩いていく。日射しは暑いが、樹林の中に入ると涼しい風が吹いているので、気持ちが良い。しばらくゆっくり登っていくが、民家の壊れた残骸があるあたりを過ぎると急な登りになる。今だに障子の枠などが残っていて、以前、生活があったことを匂わせる。

 そろそろバテて来た頃、平な所に飛び出す。そこが大楢峠だった。新緑の樹林で日射しは遮られていて、爽やかな風が吹いていた。しばらく休んでいると汗が冷えて寒いぐらいである。大楢峠からは、ゆるく登ったり下ったりして、尾根を巻くような道になる。枯れた沢をいくつも渡るが、そのうちの一つは水が出ていて、飲んでみると、なかなか冷たくておいしい水だった。途中、道が無くなったように見えた所もあったが、岩で少しだけ分かりにくくなっていただけだった。いい加減うんざりした頃、集落が見えて、御岳神社への道に飛び出した。さすがに観光客が多く、大きなザックを持った私はちょっと浮いていた。御岳山神社で参拝する。食事をしたいが、場所がない。日ノ出山まで頑張ろう。

☆日ノ出山

 下っていき、古い商店でアイスを買う。なかなかうまい。店先で食べていたら、見る人も欲しくなるのか、何人も買っている。どうやら、お店の売り上げに貢献したらしい。

 そこから下っていくと、あれ、もしかしてこの道違うのかな。地図を取り出して確認するとやはり違っていた。登り返して、さきほどアイスを買ったお店の所から日ノ出山への道は出ていた。前にも歩いたことがあるのに、こんな間違いをする私ってば。

 日の出山へは何度も歩いた道。さすがに日当たりのいい所へ出ると、もう夏、という感じでかなり暑い。時間が遅いからか、この時期だからか、歩いている人は少なかった。暑い中、登っていけば、日ノ出山に着く。この時期にしては、眺めのある方だろうか。それでも、遠くはやっぱりぼんやりとしていた。遅い食事になってしまったが、持ってきた菓子パンはおいしかった。

 さて、お決まりのパターンだが、日の出つるつる温泉を目指す。日の出町は、つるつる温泉に期待がかなり入っているらしく、いたる所に温泉マークが入っていたり、つるつる温泉の看板が立っていた。下っていくと、以前、作っている途中だった道は、すっかり白い石畳の道に変わっていた。以前の土の道の方が足の負担は少なそうだけど。結構、マウンテンバイクで登ってくる人達が多かった。炭焼き小屋のある所を過ぎて、車道を歩けば、広い車道に出る。左に曲がってしばらく歩けば、つるつる温泉に着いた。


 御岳山の裏参道は初めてでしたが、なかなか歩きがいのあるルートでした。ただ、ちょっと単調なような気もします。久しぶりのいい天気でしたので、ぜんぜん気にはなりませんでしたが。



ホームへ