【奥多摩】富田新道登山口→唐松谷林道→雲取山→富田新道→登山口

【 山 名 】雲取山
【 山 域 】奥多摩
【 日 時 】2007年11月4日(日)
【 天 候 】晴れのちくもり
【 ルート 】富田新道登山口9:00→唐松谷林道→12:50雲取山13:10→富田新道→15:20登山口
【メンバー】Hgさん、シマダさん、hillwalkerさん、JJ1LBDさん、リブル

☆唐松谷へ

 今日はオフ会。奥多摩駅でHgさん、シマダさん、hillwalkerさん、JJ1LBDさんと会う。Hgさんの車で日原林道に向かう。悪くない天気だが、少し雲が多いか。林道に入ると奥に行くに従って色づいている木が多くなる。途中にはきれいな木もあるが、全体としては今一つなようである。途中、Hgさんの定点ポイントで何度か車を降りて写真を撮る。青空がうれしい。林道はやっぱりがたがた道。車大丈夫なのかな?





 あっという間に登山口。ここまで日原から歩くと長いんだよね。登山口から最初は下って釣り橋を渡る。紅葉はやはり良く、派手さはないがオレンジや黄色が素晴らしい。唐松谷に向かう道はやっぱり細め。そんな雰囲気がいい。もう下ってくる人に会う。雲取山に泊った人達だろう。やがて道標があり、一呼吸入れる。


 みなさん健脚で速いな。今日は自分も調子はいいようでなんとかついていけるようだ。富田新道と別れて唐松谷に入るとやはり紅葉が素晴らしい。


 とにかくきれいな木を見ると写真を撮る。


 登りはそれほどではなく、思ったよりも歩きやすい。紅葉ばかり見て歩いていたので、いつの間にか登っているのだった。





 ときどき橋が倒れたりしていて使えない所も出てくる。地形に従って歩くが、落ち葉が溜まっていて滑りやすい所もあった。シマダさんが落ちていたヤマブドウを見つける。悪くない味だったらしい。




 やがて川そばの道になると、標高をあげたせいか紅葉が終わりかけのようになる。もうこのあたりまで来ると終盤かな。やがて沢を渡って、反対側に出る。そこで休憩する。水を触ってみたら、やはり氷のように冷たい水が流れていた。そこからは急な登りになる。紅葉は渋いが、落ち着いた色合いもなかなか悪くない。少し登れば、落ち葉の色も含めてなかなかきれいな雰囲気の所を通る。


 だいぶ、急な登りが続いて、少し疲れたかなと思うぐらいになると、ようやく平らになり、縦走路に出る。古い道標が立っていた。雲取山に向かうとやはり多くの人に会う。唐松の紅葉がなかなか良い。ナナカマドの赤い実がきれいだった。奥多摩小屋の前まで来ると若い小屋番の人がいて、小屋に避難してくれという。どうやらヘリが荷物を運んでくるらしい。しばらくするとヘリが来た。かなりの風で荷物を置くとすぐにまた離れていった。


 さらに先へ向かう。少し急な道を頑張り、途中は巻き道を行き、さらにまた急な道を頑張る。登り切ると小雲取山だった。Hgさんは先へ行き、JJ1LBDさんは写真を撮っているのでゆっくり後から来る。少し待つ間にシマダさん、hillwalkerさんが山頂を踏むというのでついていく。踏み跡をわずかで山頂だった。

 小雲取山から雲取山へはもうそれほどは遠くない。飛竜山の大きな山容が左に大きい。雲取から飛竜へ縦走して丹波に降りたのは随分前の事。また飛竜山へ歩いてみようかという気にもなる。大きなザックを持った人が歩いている。テントで縦走するのだろう。最後の登りを頑張れば、雲取山に着いた。JJ1LBDさんは三角点へ無線交信をしにいく。

 もうだいぶ雲が来ていたが、御前山などを眺める。左は川苔山などを見ることができる。やはり雲取山からの眺めは素晴らしい。食事をしながらみなさんで眺めを楽しんだ。

☆富田新道へ

 どんどん雲が多くなってきた。巻き道を行き、小雲取山から富田新道へ入る。しばらくは緩やかな道で登りもあったりする。雲が厚くなって暗くなってきたので唐松の紅葉は今ひとつ。明るければ黄色に光るのにと思う。しばらくは樹林の中を緩やかに歩いていく。hillwalkerさんが前を歩くがなかなか早い。立ち枯れも多くて、暗い雲の下では、かなり殺伐とした感じの雰囲気の所もある。環境破壊の現れなのかと思っていたが、Hgさんの話だとシカが幹の皮を食べてしまうことも原因の一つとしてあるらしい。



 やがて急な下りに入ると、紅葉も戻ってきたようにきれいな木を見掛ける。だいぶ色は渋いがきれいなブナは良いものである。上を見上げて楽しむ。さらに下ると落ち葉がだいぶ道に積もっている所もある。下の方はやはり紅葉がきれいである。もう吊り橋も近くなった頃もきれいだった。途中、倒木が邪魔しているところがあり、Hgさんがショートカット。自分も斜面を下るが、かなりの斜面でちょっとビビる。それでも、道に復帰して、しばらく下れば吊り橋に出る。橋を渡って、登り返しがきつい。自分が一番きつかったのはこの登りであったが、それでも、しばらくで林道に飛び出た。またHgさんの車に乗って、奥多摩駅まではあっという間。とても短く感じられた楽しい一日だった。


 唐松谷の紅葉はいいですね。前に歩いたような記憶があったのですが調べてみたら初めてでした。山慣れた人なら大丈夫ですが、橋が落ちているので注意が必要です。
 最後にHgさん、シマダさん、hillwalkerさん、JJ1LBDさんありがとうございました。


ホームへ