【奥多摩】御岳山ケーブルカー山頂駅→御岳山→長尾平(鍋昼食)→日の出山を巻く→ひので三ツ沢つるつる温泉

【 山 名 】御岳山
【 山 域 】奥多摩
【 日 時 】2008年12月14日(日)
【 天 候 】雨、雪のちくもり
【 ルート 】御岳山ケーブルカー山頂駅→御岳山→長尾平(鍋昼食)→日の出山を巻く→ひので三ツ沢つるつる温泉
【メンバー】chiyomiさん、moguさん、Hgさん、カセージンさん、多摩moguさん、chiyomiさんのご友人3名、私

☆長尾平へ

 雨の憂鬱な天気の中、電車に乗って御嶽駅で下車する。ここでみなさんと合流してバスに乗り、ケーブルカー駅へ。まだまだ雨は降り続く。この日はみたけ山岳マラソンの日だったようで、カセージンさんの知り合いの方も出場しているとのことだった。ケーブルカーの車中の案内で上は雪だとのこと。外を見ていたら、やはり雨が雪に変わり、その中を走っている人達が見えた。



 駅を出ると、Hgさんが合流。歩いて登ってきたとのことである。かなり寒いので、しっかり手袋などをして出発。マラソンランナーが横を走るので、一列縦隊になって歩く。途中からHgさんルートで、脇道に入って登る。さすがにこの湿雪では滑りやすくて登りにくい。急坂は滑らないかひやひやしながら登った。神社の鳥居の手前に出て、階段を登る。なかなか雪の雰囲気は悪くない。登っていくと、御岳山神社前がゴールになっていたが、自分達が登るのと同じ頃、最初のランナーがもうゴールしていてびっくりした。



 少し神社で休んだ後、長尾平へ向かう。桜が咲いていて、十月桜だと教えてもらった。しかし、雪にまみれていた。雪道は歩きにくく、下っていくと、またランナーが歩く道に出る。少し先から左に曲がり、しばらく歩くと長尾平。そこで鍋大会を開く。お手製のきりたんぽ鍋である。しかしさすがに立っているとかなり寒い。雪は相変わらずで、お湯もなかなか温まらない。それでも、できたあつあつの鍋はとても美味しかった。


☆下山

 やがて雪が小やみになる。食事を終わってからまた歩き出す。日の出山への分岐の所で温泉行きの組みとそれ以外の組みに分離。別れの挨拶を交わし、それぞれの方向へ歩いていく。自分は温泉行きの方になった。雪は止んだのだが、雪が溶け始めて雨に変わる。鳥居のある所で右に巻き道を取る。こちらへ行くのは初めてである。歩きやすい道だが、ずっと樹林の中でどこを歩いているのか分からず、長い印象である。
 ようやく知っている所に出て、そこからはいつもの道。つるつる温泉の大きな看板にいたずら書きしてあって、「づるづる温泉」になっていた。点を加えたのだが、その点があまりにもぴったりなので笑ってしまう。しばらく下って、尾根コースの分岐。雨なので林道コースは滑りやすい。自分が尾根コースを薦めて、そちらへ入る。緩やかなじぐざぐの下りになると、左の植林が伐採されていて、少し広い感じがあった。木の香りが漂い、まだ伐採して間もないようである。やがて道路に出て、しばらく歩けば、いつものつるつる温泉に着いた。その手前にも十月桜があったが、うまく写真に撮れなかった。

 温泉に入浴し、ゆっくり温まる。帰りは暗くなったが、クリスマスが近いせいか沿道のイルミネーションがきれいで、バスの中の電気を一時的に消してくれて、いい雰囲気だった。

 企画および食材を用意してくれたchiyomiさん、火器などを用意してくれたmoguさん、他みなさん、ありがとうございました。



ホームへ