【奥多摩】三又登山口→三又→酉谷避難小屋→酉谷山→三又→登山口

【 山 名 】酉谷山
【 山 域 】奥多摩
【 日 時 】2009年10月31日(土)
【 天 候 】晴れ
【 ルート 】三又登山口9:10→9:35三又→11:40酉谷避難小屋12:15頃→12:30酉谷山→14:15三又→14:50登山口
【メンバー】Hgさん、カセージンさん、多摩moguさん、chiyomiさん、moguさん、moguさんのご友人、いっきさん、リブル

☆酉谷山へ

 集合して車で三又登山口へ。車は数台止められていた。天気は予想外に良く、雲一つなかった。タワ尾根の一部が見えていたが、なかなか秋らしいいい色をしていた。上の方はさすがに終わりかけているようである。歩き出して三又に向かうが、のっけからきれいな紅葉である。道は悪くなく、以前よりも歩きやすくなっているような感じである。それでも若干細い道が続くので、紅葉に見とれていると危ないので気を付ける。



 しばらく歩いていくと三又に着く。何度来ても静かでいい雰囲気の所である。少し休憩してからまた歩き出す。酉谷へ入って登っていく。こちらは少し渋い感じだが、それでもいろいろな色があってなかなかきれいである。赤色は控えめで、どちらかというと黄葉がきれいな感じに見えた。ぐんぐん登っていく。前に歩いた時に台風の影響でだいぶザレた所があったが、今は整備されたし、落ち葉なども乗ってどこがそのあたりか見つけるのに苦労するぐらいに修復されていた。登山道の整備をされている方に頭が下がる思いである。



 だいぶ登ってから休憩する。上の方になるので、もう紅葉はかなり進んでしまっていて終わりかけている感じだったが、それはそれでまたオレンジ色や黄色が残り、なかなかきれいな場所であった。Hgさんルートで雲取小屋へ向かう。途中、かなりきつい所があったが、なんとか縦走路に出て、小屋へ向かった。カラマツも紅葉が始まっていてオレンジ色が悪くなかった。小屋の前で昼食とする。残念ながらだいぶ霞んでいて遠望は望めず、富士山も見えなかった。いろいろ話をして休んでいると急に足の上に乗ってきたものがある。なんだと思って見たら、茶色のバッタだった。そろそろ風が冷たくなってきている。もうしばらくすると冬がやってくるので冬ごもりの準備中なのだろうか。

 また歩き出してとある尾根に向かう。尾根の入口は分かりやすかったが、途中で尾根が分岐しているあたりは分かり難く、地形をよく分かる人でないと難しいと思った。登りはなんとかなるが、下りはやはり地形を熟知していないと判断が難しいようだ。下っていくと、きれいな木が出てくる。赤くなっている木は少なかったがそれでもきれいな色をした木もあった。下へいけば自然林のきれいな尾根になる。しかし、後半はかなりきつい下りになってひたすら下り、三又に着いた。


 行きに通った道だが、帰りはまた違った印象だ。もう夕方のような斜光線になっていて、それがまた紅葉をきれいにする。登山口までは思ったよりもあった気がした。久しぶりのオフ会もあっという間に終わりを告げた。

オフ会に参加されたみなさん、ありがとうございました。



ホームへ