【奥多摩】浅間山登山口バス停→大羽根山→縦走路→昼食→丸山→土俵岳→日原峠→浅間峠→上川乗バス停

【 山 名 】大羽根山、笹ヶタワノ峰、丸山、土俵岳
【 山 域 】奥多摩
【 日 時 】2010年11月7日(日)
【 天 候 】くもりときどき晴れ
【 ルート 】浅間山登山口バス停9:55→11:00大羽根山11:10→11:30縦走路→12:00昼食12:25→12:40丸山→13:20土俵岳→13:30日原峠→14:00浅間峠→14:45上川乗バス停
【メンバー】Hgさん、moguさん、hillwalkerさん、いっきさん、Sさん

 今日は恒例となったHgさんのオフ会である。武蔵五日市駅からの数馬行きのバスは二台出たがかなりの立ち客が出た。浅間尾根登山口で下車するが結構多くの人が下車したようで、数馬まで乗る人は意外に少なかったようだ。体操など支度を済ませて登り始める。大羽根山へのコースは昔は藪コースだったようだが、今は一般登山道である。少し登るとリンドウがあるが花は開いてはいなかった。少し離れたところにオレンジがきれいな木があったが、なかなか光の加減できれいな写真は難しい。あまりきつくもない道を登って行く。


 右が開けると三頭山方面の紅葉の眺めがよいが、山頂付近はもう終わりかけのような雰囲気があった。ときどき道を外して眺めを楽しんだり、きれいな木を探しながら登って行く。やがて大羽根山に着いた。山頂から大岳山や御前山方面がよく見えた。以前、きれいな写真をいっきさんのページで見せてもらったが、このあたりから撮った写真ということだった。残念ながら今はあまりきれいとは言えない普通の眺めだった。しばらく会話をしながら休憩する。気が付いていなかったが、出発しようとして三頭山もきれいに見えていたので写真を撮った。


 大羽根山から先は少し植林が多くなる。若干斜度も上がる所があるけれどそうたいしたことはない。思ったより楽に笹尾根の縦走路に出た。上がった所は笹ヶタワノ峰で、右に行くと少しきれいに紅葉している木があり、写真を撮っていると太陽の光が射し込んで明るくなってきた。やはり光が当たると紅葉の色もだいぶ違うようだ。分岐に戻って先へ進む。少し歩いた所で広葉樹とベンチがあり、他に適当な所もないということでここでお昼にする。あまり人は通らず、意外に歩く人が少なかったようだ。


 先へ進むと高度を少し下げていくのとちょっと植林が多いので紅葉を楽しむという感じではないのがちょっと残念な所。それでも黄色の葉がきれいな木があった。丸山の山頂を踏んでいき、さらに行く。土俵岳ではしっかり富士山がシルエットのように見えた。以前よりも横の樹林が伸びて邪魔しているようである。日原峠にはいつものお地蔵さんがあったが、無くなっていた前掛けが復活していた。さらに歩くときつい所がある。hillwalkerさんの後ろを登ったが、相変わらず速くて付いていくこと自体かなりきつかった。しばらく緩く歩くがもう一ヶ所きつい所があり、それを越えれば浅間峠だった。


 さて、そろそろバスの時間が迫ってきた。みなさん速足で下山にかかる。しかし意外に下山の道は長い。途中わずかなショートカットを通ったがそれでも結構下る。樹林の中であまり眺めがないのも長く感じる原因だろう。下部は少し脇の草が伸びているようだ。やがて木橋を渡れば道路はすぐそこ。バス停までは遠くなく、バスに充分に間に合う時間だった。

 久しぶりのオフ会で楽しめました。参加の皆様、ありがとうございました。



ホームへ