【尾瀬】鳩待峠→下田代十字路→温泉小屋→三条ノ滝→温泉小屋→下田代十字路→鳩待峠

【 山 域 】尾瀬
【 日 時 】2001年9月29日(土)〜30日(日)
【 天 候 】29日 晴れ
       30日 くもり
【 ルート 】29日 鳩待峠→下田代十字路→温泉小屋(泊)
       30日 温泉小屋→三条ノ滝→温泉小屋→下田代十字路→鳩待峠
         (コースタイム記録しませんでした)
【メンバー】友人S君、Y君

☆1日目

 今日は初心者(Y君)連れである。Y君は屋久島を歩きたいといって道具を揃えたのだ。どのくらい歩けるのか、練習のつもりで尾瀬に行くという。私は軽い荷物でもいいのだが、せっかくなので、いつも通り荷物を持つ。新特急水上号で沼田へ。特急はやはり三連休の合間のせいか空いていた。大清水行きのバスに乗ろうとすると、私たち3人の分だけ席がない。すると、隣の鎌田行きのバスが臨時で戸倉まで行ってくれるという。他にも子供連れの女性陣が乗ってきた。

 戸倉で鳩待峠行きのバスに乗る。しばらく坂道を車が登っていくと、突然、バイクが転倒してバスにぶち当たった!!!

 それほどスピードが出ていなかったせいか、バイクの人もバスの中の客にも怪我人はいなかったのが不幸中の幸い。別なバスを運転手さんが呼ぶが、客の中に嫌なおやじがいて、いちいち運転手に「忙しいんだからなんとかしろ」とか「もっと説明しろ」とか食って掛かっている。そんなことしたって無理なのが分かっているのに...。(ーー;)

 ようやく別なバスがやってきた。どうもそのバスは弁当を入れていたらしく、来るバス、来るバスに弁当を配って、ようやく鳩待峠着。30分以上は遅れた。周りの紅葉は最低。ぜんぜんきれいではなく、茶色っぽくなっていた。今年の紅葉はだめみたいだ。

 まずは山の鼻へ。降りて行く途中から見える至仏山の草紅葉がなかなかきれいである。それ意外の樹木の紅葉はやっぱり最低。尾瀬ロッジの前で休憩。日帰りの人が多いらしく、結構混雑していた。尾瀬ヶ原に出ると一面の草紅葉。やっぱり秋だね。日射しが結構暑い。この時期の尾瀬でこんなに暖かいのか。ヒツジグサが紅葉していて、なかなかきれいである。

 竜宮十字路を越えて歩いていくと、ようやく人が少なくなる。やっぱり静かな尾瀬が一番だ。下田代十字路に着くが、やはり人は少なめ。弥四郎清水はこないだの台風の影響があるのか、かなり水が多かったような気がする。温泉小屋へ向かって歩きだすと、ススキが多い。こんなにススキが増えたのか。だんだん湿地が減り、草地になりつつあるのかもしれない。

 今日は温泉小屋泊まり。着いた時は3時30分を過ぎていたが、人も少なく、こんなものかなと思っていたら、4時頃になって続々と団体さんが到着し、それなりに人が増えた。小屋の食事は結構ボリュームがあり、食べ応えがあった。お風呂は鉱泉のお湯を沸かしているようだ。とても温泉には思えなかったけれど、それでもこんな山の中でお風呂に入れるだけましというものだ。部屋は8畳の部屋に6人でそんなに混まなかった。尾瀬は最初の小屋泊まりに最適だと思う。Y君も思ったよりもリラックスできたようだった。


☆2日目

 朝はやっぱりみなさん早い。Y君も早々と起きたようである。私はそんなに急ぐ必要もないと思ったので、いつまでも寝ていたら、部屋の中で起きるのが最後になってしまった。ほとんど時間ぴったしに食堂へ行ったらすでに朝食は始まっていて順番待ち。さっと食べて出発する。玄関にザックを置かしてもらい、空身で出発する。残念ながら天気はあまり良くない。

 三条ノ滝へ向かう人は思ったよりも少なく、ちょっと静か。それでももう往復してきたらしい人達が戻ってくる。それとも平滑ノ滝あたりまでで戻ったのだろうか。平滑ノ滝まで行くが、相変わらず紅葉はよくない。数年前にも秋の時期に来たことがあるが、その時の方がずっときれいだった。三条ノ滝への道はやはりあまり良くない。歩く人が多いせいか、どんどん歩きにくくなっている感じがする。途中、一ヶ所、特に下りにくい所がある。三条ノ滝は、この時期にしてはかなりの水量があった。きっと台風の影響だろう。なかなか見ごたえがあった。

 また、温泉小屋まで戻る。Y君はぶつぶつ文句を言っているが、思ったよりも早く歩けるようだ。

 温泉小屋の前でティータイム。やっぱり寒い時にはこれに限るね。紅茶を入れて飲み干すと、少しは落ち着いた。午後には雨が降ってくるのかな。かなりどんよりしていた。山の鼻まで、昨日来た道を戻る。さすがに日曜日で天気も今一つということで、人は少なかった。静かな尾瀬ほど良いものはない。山の鼻から鳩待峠までの戻りはとても長く感じる。Y君もさすがに疲れたみたいで、あまりしゃべらなくなった。

 なんとか鳩待峠に着き、バスのチケットを買うと、タクシーの運転手が乗らないかと話しかけてきた。もうバスのチケットを買ったというと、タクシーも同じチケットで乗れるというので、誘いに乗った。さすがにタクシーはバスよりかなり早い。狭い林道をアウトインアウトで飛ばして走るので、ちょっと恐い気もした。戸倉の鳩待峠行きバス停で降ろしてもらう。沼田駅へのバス停を探そうとすると、目の前をバスが通り過ぎるではないか。見ると少し先のバス停で止まって、かなりの人が乗りこんでいる。ザックを持って走ると、なんとか間に合い乗ることができた。

 鎌田で下車。バス停から数分の所に寄居山温泉センターがあるので、そこで入浴。静かな温泉でさっぱりして、沼田駅へ向かう。駅に着くと、数分待ちで特急に乗ることができた。


 残念ながら今年の尾瀬の紅葉(群馬県側)はだめでした。来年に期待です。


ホームへ