【道志】鳥沢駅→下畑→倉岳山北尾根→倉岳山→倉岳山北西尾根→下畑→鳥沢駅

倉岳山北尾根、倉岳山北西尾根ともに一般登山道ではありません。

【 山 名 】倉岳山
【 山 域 】前道志
【 日 時 】2012年5月13日(日)
【 天 候 】快晴
【 ルート 】鳥沢駅8:45→下畑→北尾根→11:00倉岳山11:10→北西尾根→12:35下畑→13:05鳥沢駅
【メンバー】単独

☆倉岳山北尾根

 昨日もだいぶ歩いたが、やはりみすみす好天の一日を逃したくない。まだ足も少し重いが、ここは比較的軽く歩こうと久しぶりに倉岳山北尾根を登ることにした。以前にも歩いた尾根だが、どのように変化しているかも気になった。鳥沢駅で下車するとたくさんの人。でも、倉岳山に向かうというよりは扇山へ向かうようだ。今日あたりは南尾根のヤマツツジも良いかもしれない。車道に出てしばらく歩き、右に曲がって線路の下を歩行者用の狭いトンネルで抜けると向こうに倉岳山などの眺めが広がる。やっぱり出かけて良かったと思う気持ちの良い晴れだ。昨日よりは気温が上がりそうだが、乾いた風は寒いぐらいに涼しく、この時期にしてはかなり爽やかな一日だろう。しばらく歩いて虹吹橋を渡り、左の橋を渡って下畑に向かう。以前に来た時と同様に静かな雰囲気の集落である。

 神社から取り付き、踏み跡を登る。以前よりは少し明瞭になったような気がするが似たようなものだったかもしれない。左に曲がって祠を見て、ちょっぴり岩のごつごつした尾根を登る。さすがにこのあたりちょっと枝藪がうるさい。以前に来た時は春早い頃でまだ枝が伸びるまえだったから眺めもあったが、さすがに今日は樹林に邪魔されて何も見えない。枝藪に邪魔されながら登る。さすがに汗を大量にかく。しかし風が涼しいので悪い気持ちではない。意外に早く458mに着く。もちろんここも何も見えない。


 少し先へ行くとヤマツツジが咲いていた。枝藪もなくなり、気持ちの良い尾根をしばらく辿る。石標を見て小さなギャップを越えると、一旦下るが、その先は急登。やがて踏み跡も不明になり、ひたすら上に向かって登るしかない。ここは本当にきつい。なんとか登っていき、登り着いた所で一休み。でももう随分登ったようだ。少し先へ進んで一登りで大きな木のある所に出る。ここが北西尾根との分岐だろう。大きな木は残念な事に枯れたようで、もういつ倒れてもおかしくなさそうである。


 だいぶ踏み跡が分かりやすくなり、山頂に向かって登る。まだ少しきついが先ほどに比べたら雲泥の差である。しばらく頑張ると北東尾根が近づき、尾根を合わせればもう山頂はすぐそこだった。山頂には数人がいた。富士は見えてはいたが、頭には雲がかかっていて残念だった。


☆倉岳山北西尾根へ

 さすがにお腹はまだそんなに空いてはいなかったが、ちょっと早い昼食を食べておく。下りは北西尾根だ。さきほど登ってきた道をしばらく下ることになる。以前に下ろうとしたことがあったが、分からずに戻ったことがある。もうほんの少し下れば良かっただけだったな。しばらく下っていくと、さきほど見た大きな木がある。そこから左へ下る。下るとすぐにへそ水があった。わずかに水が流れている所を見ると、水たまりではなく、やはりわき水である事が分かる。水の少ない時期はもちろん涸れるのだろう。


 そこからは歩きやすい踏み跡が続く。気持ちの良い尾根で新緑と涼しい風が気持ちよい。もっと早くこの尾根を歩ければ良かったな。しばらく下っていき、途中で曲がるので北へ向かって下る。しかし、左めに下ってしまい、どうも尾根の続きがない。これはおかしいぞ。やっぱり入る場所が違ったのかな。見ると右の離れた所に尾根の続きがありそうだが、ここからでは行けなさそうだ。足任せに下ったのでだいぶ下ってしまった。まあ、まだ時間も早いので登り返してもいいかと登り始める。少し登るとテープがあり、そこで磁石を確認する。するとちょうど北の方向にさきほどの尾根の続きへ出られそうだ。磁石を見ながら急降下していくと、やっぱり、尾根の続きに乗れたようで、登り返しになった。

 小さなピークをいくつか越える。分岐もあるが、テープが付いているし、磁石で確認すればだいたいその方向が正しいようだ。最後のピークを過ぎて下っていくと、だいぶ細くなり、ほとんど尾根とも言えないような感じになる。テープがあるのでそのままひたすら下る。枝藪が邪魔するようになると、途中で左に踏み跡のようなものを見たが、そのまま直進した。まっすぐ下って2回ほど作業道のような踏み跡に出たが、そのまま直進。3回目の踏み跡を右下に下るが、やっぱりあやふやな道。まあいいかとそのまま直降りするとフェンスの真上に出た。石積みの上なので、右に回り込んで下り、フェンスを通れば、その先に明るい所が見えていた。

 先へ出れば、百蔵山や大菩薩などの山々を見ることができた。少し進めば三界万霊の碑に出る。朝に通った道だ。再び鳥沢駅へ向かう。途中、サツキに止まっていたクロアゲハ蝶を見かけたが、相変わらず速くてカメラを取り出す暇もなく、優雅に飛び去っていった。朝と同じ道で鳥沢駅に戻った。そんなに長くはなかったが、予定通り歩けて、十分に満足した一日だった。




ホームへ