【高尾】蛇滝口バス停→高尾山→城山→小仏峠→小仏→高尾駅

【 山 名 】高尾山、城山
【 山 域 】高尾
【 日 時 】2002年6月16日(日)
【 天 候 】くもりときどき霧
【 ルート 】蛇滝口バス停12:35→13:35高尾山13:45→14:20城山14:25→14:35小仏峠→15:05小仏→16:00高尾駅
【メンバー】単独

 ゆっくりと家を出たのはすでに11時を過ぎていた。雲がどんよりとしていて、雨がい来てもおかしくなさそうな天気。少し蒸し暑い。高尾駅で下車し、小仏行きのバス停に行くと、すぐにバスが発車する時間。最悪1時間待ちもあり得ると思っていたので、ラッキーだった。バスに数分揺られて蛇滝口へ。下車して少し進むと、左に老人ホームへの分岐がある。そこから少し車道を歩くと、建物の横を登る、林道のような道になる。小さな沢が左を流れているせいか、森の中に入ると少し涼しい。

 しばらく歩くと道は細くなり、また、斜度も少しきつくなる。すると階段が出てきて、登ると蛇滝の近くに出る。小さな神社があり、お参りする。蛇滝は滝で修行する人のための場所になっているらしく、近づくことはできなかった。そこからは登山道らしくなり、じぐざぐに登っていくと、ケーブルカー駅のアナウンスが聞こえてくる。しばらくで人の多い道に飛び出した。

 男坂を登って、薬王院を通る。ここに来たのは、ずいぶん久しぶりだなぁ。観光客が多いのであんまり寄りつかなかったからなぁ。石段をいくつも登っていくと、やがて薬王院の中を抜け、しばらく登れば山頂に到着。こんな天気でも結構人はいる。若い学生らしい集団がいくつもいた。私も一番奥の方のベンチで休憩。少し休むと体が冷えてきた。

 城山へ向かうと少し静かな感じ。もう時間が少し遅いので人が少ないのだろう。たったか歩いて一丁平を越え、城山への登りにかかると少し濃い霧。このあたりでも霧になると深山幽谷の雰囲気がちょっとだけする。城山山頂はさすがに人が少ない。相模湖へ下っていく人達を眺めながらしばらく休憩。これから景信山方向へ行く人はそんなにいないようだ。走るように下れば、小仏峠まではそんなにかからない。数年前はやっていた峠の茶店は休業してしまっていた。これも時代の流れなのだろうか。

 まだ体力的には余裕があるが、もう十分満足したので、小仏に下山することにする。以前にも歩いたことのある道だ。どんどん降りると、林道っぽくなる。水が出ている所があり、飲んでみると、味は今一つに思えたが、それなりに冷たかった。しかし、意外に早く車道に出る。以前はもっと下の方まで登山道だったと思う。いつの間にか伸びたようだ。

 しばらく下っていき、バス停に着くと、なんと3分ほど前にバスが行ってしまった後ではないか。次のバスは30分以上後。おじさんが一人ゆっくりと下っていったのを見て、私も下り始める。とりあえず、蛇滝口あたりまでは歩けるだろ
う。

 車道を下っていく。途中にはいくつも圏央道反対の看板が目立った。確かにこの高尾の自然をこれ以上は壊して欲しくない。蛇滝口まで歩くがバスはまだ5分以上あるようなので高尾駅まで歩くことにする。大きな道に出てしばらくでバスに抜かれたが、駅まではそれほどは遠くなかった。


ホームへ