【高尾】藤野駅→陣場登山口→栃谷尾根→陣場山→景信山→城山→高尾山→清滝

【 山 域 】高尾
【 山 名 】陣場山、景信山、城山、高尾山
【 日 時 】2003年3月2日(日)
【 天 候 】快晴
【 ルート 】藤野駅9:45→陣場登山口→栃谷尾根→11:40陣場山12:00→13:30景信山→14:10城山→14:50高尾山14:55→15:35清滝
【メンバー】単独

☆陣場山へ

 早朝起きるとものすごい風の音なので山へ行くのを取りやめる。それでも7時頃になるとだいぶおさまってきた。まだかなり曇っているが、天気予報を見ているとこれから晴れるようだ。ふと箱根の中継が映るとなんと超快晴ではないか。まだ少し風もあるし、眺めのいい陣場山へ行くことにした。藤野駅で下車。少し風が暖かい。もう春がそこまで来ているのかな。まずは車道に出て、すぐに左に曲がり、さらに左に曲がっていく。線路を渡るとすぐにトンネル。これが結構長くて、早く出たい気持ちになる。

 トンネルを出ると抜けるような青空。やっぱりいい天気の日の山行ほどいいものはない。車道を歩いていると、タクシーが何台か通っていった。陣場山登山口に着く。大きな石に陣場山登山口と書かれていた。右に曲がって川の横の道を登っていく。車がときどき下ってくる。温泉に泊まった人達か、それとも地元の人達だろうか。

 高度をあげていくと、左に道が分岐する。ここは栃谷尾根の分岐になっている。今日は栃谷尾根を登ることにする。しばらく登っていく。こんな山の中でも人が住んでいるのは不思議な感じである。やがて左が開けると、とてもきれいな富士山などの眺めが広がる。素晴らしいので、写真を取り出して写す。じぐざぐに登っていくと、途中に陣場山近道の表示。そちらへ入ると、細い道で民家の横を登り、さらに墓地の中を通って、茶畑の中を通る。無人販売所があり、地元で採れたやぶきた茶がビニールに入って売っていた。300円だったので、だめ元で買ってみる。

 やがて普通の登山道になり、登っていくと尾根に出る。まだ山頂までは2Km以上あるようだ。もうすでに疲れがきているのは風邪のせいだろうか。ゆったりと登っていくと、陣場山の稜線がやがて見えてくる。するとだんだん登りが急になり、階段のきつい登りになる。一歩一歩着実に登れば、小さなピークに出る。もう陣場山はすぐそこ。

 山頂はそんなに人が多くなかった。こんなにいい天気なのになぜみんな来ないのだろう。富士山、南アルプス、丹沢の山々などがとてもきれい。海のあたりに何かあると思ったら、江ノ島のようだ。もう正午近いがまだまだきれいだ。それでも少し霞んできてはいた。

☆高尾山へ

 昼を食べてから出発。どこまで行こうか。まあ、とりあえず景信山あたりまで行くことにして、あわよくば高尾まで行こうかな。明王峠への道に入ると、かなりのぬかるみ。このぬかるみは高尾山まで断続的に続いていた。霜柱がすごいのか、かなり土が盛り上がっていたり、逆に陥没していたりした。いつもなら人の多いこの道も歩いている人はあまりいない。静かな道である。

 明王峠に着くとやはり人が多い。富士山はまだきれい。でも、あまり休まず、先へ進む。堂所山は巻いて、次のピークも面倒なので巻く。もうひとつのピークはせっかくなので踏んでいくがすぐにもとの道と合流。ぬかるみがひどくて次の登りがきつい。やがて景信山への登り。普段は階段をけなすが、こんなぬかるみの道の後は、階段も悪くないなと思う。(^^;

 景信山の一番奥のベンチに腰掛け休憩。咳が出て、隣の人は迷惑だっただろう。都心のビル群が見えて気持ちが良かった。ここまで来たが、このまま高尾まで行くことにして出発。少し小仏峠へ向かうと前を白人男性が歩いているが、なかなか早い。ちょっと詰めるとまた間が開いてしまう。結構歩いている人なのかな。

 小仏峠で外人さんは左の道を登っていったので、右の階段を登る。少し私の方が先へ出たかと思ったら、左の方に消えていた。小さな売店のあるピークを過ぎて少し進むと、少し先の左側のヤブの中みたいな小さな道から出てくるではないか。また後ろを歩くことになる。城山への登りになるが、道が左と右に分離する。左は普通の道、右は階段の道である。外人さんは左の道を取ったので、右の階段の道を取る。やがて城山。外人さんはまっすぐ行ったのだろうか、登ってくる気配はなかった。ベンチで水を飲み休む。

 高尾山へはあと少し。一丁平では木の間からまだ富士山がきれいに見えていた。こんなにずっと富士山が見えていることも珍しい。高尾山への登りはきつい。階段の登りが続き、息もあがる。ついこないだ歩いた階段を登れば、高尾山の一角に着く。ベンチに座って少し休憩。水を飲むと珍しく残りがほとんどない。今日は1.5Lほど持ってきたが、冬にしてはかなり飲んだほうだ。

 もう定番となった稲荷山コースを下山。こないだは難儀した下りも氷のかけらさえなかったので、簡単だ。ぐんぐん下れば車の音が近づいてきて、最後の階段となり、清滝駅に出る。おなかが空いたので、すぐ近くの蕎麦屋に入り、とろろ蕎麦を食べたらなかなか美味しかった。


久しぶりの良い天気の中、歩くことができてよかったです。
風邪は少し良くなったような感じです。気分よく歩けると健康にもいいのかな。


ホームへ