【中央線沿線】藤野駅→鷹取山→上野原駅

【 山 域 】中央線沿線の山
【 山 名 】藤野鷹取山
【 日 時 】2003年4月13日(日)
【 天 候 】晴れ
【 ルート 】藤野駅10:40→12:00鷹取山12:30→12:45舗装道路→13:30頃上野原駅
【メンバー】単独

☆鷹取山へ

 ゆっくり起きて、どこへ行こうか本のページをめくると藤野鷹取山のページが目にとまった。今からでも十分間に合う。三鷹駅でせっかくホリデー快速ビューやまなし号に乗れたのに、相模湖駅で30分近く待たされ、ようやく藤野駅に着く。駅からまずは陣場山へ向けた道に入る。つい先日も歩いた道だ。トンネル手前を右に曲がるが、鷹取山・岩戸山ハイキングコースという表示がある。すぐに小さな歩行者用トンネルがあるので、左に曲がる。なぜか乳母車が置きっぱなしになっていたが、汚れてはおらず、使われている感じであった。

 突き当たりを右に曲がると、家屋が一軒あり、左に曲がる。少し上ると桜がきれいだ。かわいい子供を連れたお母さんがベンチに座って子供をあやしていた。さきほどの乳母車は彼女のものだろう。今日はとても暖かく、静かな花見にはもってこいの場所だ。手前のベンチで暑いのでTシャツ一枚になる。すぐ先に神社への階段がある。急登だが、それほどは長くない。すぐにハイキングコースは左に分岐するが、あまり使われていない落ち葉の積もった階段をそのまま登り、神社にお参りする。

 神社からいったん軽くくだり、明るい尾根歩きになる。かなり歩かれているようで、踏み後は明瞭。ほとんど登山道といっていい感じである。もう少し寒い頃なら気持ちがいいのだろうが、今日ははっきり言って暑い。しばらく歩くと軽い登りになり、左側、右側が開けて気持ちが良い。右には権現山の大きな山容が素晴らしい。18号鉄塔を過ぎて、377mのピークに着く。ここは岩戸山と書かれた山名盤があった。しかし暑い。汗がポタポタと垂れてくる。左に道を分けて右に急降下。ロープなども張ってあった。濡れて滑りやすいときには重宝するだろう。やがて周りが笹の道を通り、送電鉄塔の横に出る。一人、男性がいた。すぐ先に林道のような道がとおっており、その先は急登。小さな岩場のようなところの先には忘れられたような祠があった。やがてまた道をまたぎ、少し幅の広い道に出ると、小渕山と書かれた小さな道標があるので、分かれてそちらに入り、登っていく。

 小渕山の山頂はピークらしくなく、単なる通過点に近い雰囲気。一度左に行きそうになるが、よく見ると何か変。小さなお手製の道標が右に鷹取山の道を示していたので、安心して右の道へ。またわずかに下るとさきほどの幅広い道に戻る。気持ちのいい道だ。少し新芽が出ているが、まだ高い木は冬眠のままだ。それでも、この暖かさならそろそろ長い眠りから目を覚ますだろう。右に稜線への細い道が分岐するが、面倒なので、そのまま幅広い道を左へ歩いてみた。どんどん稜線は高くなってしまうので、心配になるが、そのうちに稜線が近づいてきて、やがて鞍部で戻る。そこから小さなピークをいくつも登ったり下ったり忙しく歩くと、明るい稜線に出る。なぜか赤松が一本だけ生えているのはなぜだろうか。下って登ってを繰り返し、急登をこなすと、何やら鐘がなる。時計を見ると、もう12時。時間の感覚がなくなっているのは、歩きに集中している証拠である。鐘が鳴り終わると同時に鷹取山頂に着いた。

 山頂には神社の石碑と心に残る鐘と書かれた鐘が置いてあった。木のベンチもあり、腰掛けて昼食を取る。こんなにいい天気なのに一人しか会わず、山頂にも誰もいない。やっぱり静かな山はいいものだ。風が少し強くなったが、涼しくて良い。山頂からは権現山の眺めが良かった。一人なのでラジオをつけてゆっくりと休む。

☆下山

 30分も休んだので、そろそろ出発とする。山頂の右にも道があるが、そのまま沢井方向への道に入る。左には有刺鉄線がある急降下で、もし滑って倒れたら顔などを怪我しそうで怖い。右に道を分岐するが、そのまままっすぐ進む。ぐんぐん下って小さく登り返す。小さな祠が3つほどある。その先へ進むと、山桜が咲き始めていて気持ちのいい道となる。少し眺めも出てくるが、住宅などが見えて山深い雰囲気はない。散り始めている桜の下を急降下で舗装道路に降り立つ。左へしばらく歩くと沢井入口に出る。もともとあまりバスはないと思っていたが、予想通り2時間以上ないのでそのまま上野原まで歩くことにする。

 以前、この道は歩いたことがあるが、7〜8年前のことであまり記憶がない。途中に茶畑があったのはなんとなく記憶があった。車道を歩き、やがてごみ焼却場の横を通ると、散り行く桜が素晴らしい。国道に出て、右折し、しばらく歩いたところで左にコンビニがある。アイスを買って食べながら一息つくが、まだまだ駅までは遠い。うんざりした頃、ようやく駅への階段を下ると、バス停脇のところに出た。このまま帰ってしまうのは惜しい。ということで、一駅乗って、今日の歩き始めの藤野駅で下車。バスで藤野やまなみ温泉へ行き、温泉にゆっくり浸かって、山行を締めくくった。


軽い山行でしたが、なかなか良かったです。でも、やっぱりもう少し涼しい時期の方がいいですね。(^^;



ホームへ