【高尾】高尾山口→梅の木平→三沢峠→草戸山→高尾山口

山へ行くつもりはあまりなかったのですが、午前中の天気の良さに急遽出掛けました。

【 山 名 】草戸山
【 山 域 】高尾
【 日 時 】2004年4月24日(土)
【 天 候 】晴れのちくもり
【 ルート 】高尾山口12:10→12:15梅の木平→13:00三沢峠13:05→13:20草戸山13:25→14:15高尾山口
【メンバー】単独

 高尾山口で下車。国道20号に沿って歩き出す。思ったよりも国道を走る車は多くない。周りの山々の新緑は素晴らしい。晴れていたと思ったら、少し黒い雲が見えてきて、大丈夫かなとちょっと心配になる。歩いていくと圏央道の工事をしている所がある。ああ、やっぱり高尾山の下にトンネルができてしまうのだね。

 梅の木平のバス停は、ホテルの前。あまりにもこの静かな土地とは会わない感じの雰囲気である。その先に道標があり、左に入ると静かな雰囲気になる。まだ遅咲きの桜が咲いていて春らしい。料亭らしきところを見て、しばらく進むとやがて山の中の林道となる。白い花が多く咲いている。たまに降りてくる人に出会う。

 かなり歩くとグリーンセンターという建物があった。宿泊もできるらしい。そこを過ぎれば、少し傾斜がきつくなり、汗が流れる。それでも吹く風は少し冷たく涼しいので、普段のような汗のかきかたではなかった。やがてだいぶ高度を上げて、そろそろかなと思うと、多くの人が見えて、三沢峠に着いた。ベンチがあるので腰掛けて持ってきたおにぎりを食べる。お腹が空いていたので、あっという間に食べてしまった。

 三沢峠から草戸山へは、軽く登ってすぐに急な下りの道になる。多くの人が登ってくるが、高尾山口駅からなのだろうか。かなり下り、小さなコブを越えて、わずかに登り返すと、草戸山。展望台に二人いただけの静かな山頂だった。展望台に登って眺めを楽しむ。低山といえども、悪い感じではない。とはいえ、雲が少し重く、春らしくぼんやりした感じだったのは、ちょっと残念であった。

 草戸山からはアップダウンの結構ある道になる。途中、がさがさという音がする。また誰かポリ袋をいじっているのだろう、と思ったら、何やら登山道脇の落ち葉のあたりで動くものがある。もしかして狐?狸?どちらとも違う、動物だった。こちらを見て、多少離れたものの、それほど逃げないのは、誰かがえさでも与えて飼い慣らしてしまったのではないだろうか。

 急な登り降りに疲れてきたころ、四辻で左に曲がり、しばらく下ると高尾山口駅近くに出た。せっかくなので、蕎麦屋に入り、とろろそばを食べて帰途についた。


ホームへ