【高尾】日影バス停→市有林管理小屋→一丁平→城山→日影沢林道→摺差バス停

【 山 名 】城山
【 山 域 】高尾
【 日 時 】2007年9月17日(月)祝
【 天 候 】晴れときどきくもり
【 ルート 】日影バス停10:05→市有林管理小屋→一丁平→11:45城山12:00→日影沢林道→13:45摺差バス停
【メンバー】単独

☆日影沢から城山へ

 奥多摩へ行こうと思っていたが、すっかり寝坊。こんな時はやっぱり高尾山へ出掛けよう。うまく中央特快に乗ることができ、予定よりも早く高尾駅に着く。日影バス停から歩き出す。日影沢に入った所に左に木製のウォーキングテラスがあるので入ってみたが、たいしたものではなかった。スミレの頃にまた来てみよう。

 日影沢を歩いていく。やはりツリフネソウが咲いている。先日美ヶ原で見たものよりもかなり大型だな。やっぱり後側のクルンと巻いた尾っぽがいい感じである。


 日影沢園地を過ぎ、ここからは初めて歩く道。のんびり花などを探しながら歩くが、樹林の中は普通のお花しかないので、だんだん足が速くなってしまう。それでもミゾソバ、ママコナなどを見つけることができた。



 市有林管理小屋から一丁平に向かう。静かな道をのんびり登る。もちろんそんなにきつい所はなく、戻るような感じで左に登る。気づくと一丁平近くの道に出て、人がたくさん歩いていた。このあたりヤマホトトギスがたくさん咲いていた。



 城山に向かう。先日あれだけ咲いていたオオバギボウシなどは影も見あたらず、季節の移り変わりは早いものだと思う。代わりにアザミがよく咲いていた。ツリガネニンジンも咲いていた。



 登り着いた城山からは久しぶりに眺めが良い。写真では写らなかったが、肉眼では十分に新宿の高層ビル群も見ることができた。相模川の見える方に行き、ベンチに腰を下ろす。今日はたくさんあるベンチもかなり人で埋まっていた。丹沢・道志などの山々が気持ちいい眺めである。やっぱり秋が近いのだろうか。


 山頂のすぐ下のあたりにはマンジュシャゲが咲いていた。きっと植えたものだろう。蕾のものも多く、これからが旬の感じだった。


 下山はまた日影沢林道にする。山頂から林道をのんびり下っていく。途中にはキツリフネを見掛ける。バスの時間まで少しあったので摺差まで歩く。豆腐屋でお豆腐を買いこみ、バスで高尾駅に出た。


ホームへ