【高尾】高尾山口→一号路→高尾山→日陰沢→日陰バス停
高尾山口→梅の木平→草戸山→城山湖→城山かたくりの里

【 山 名 】高尾山
【 山 域 】高尾
【 日 時 】2008年3月23日(日)
【 天 候 】晴れ
【 ルート 】高尾山口→一号路→高尾山→日陰沢→日陰バス停
      高尾山口→梅の木平→草戸山→城山湖→城山かたくりの里
【メンバー】単独

☆高尾山へ

 また高尾山に出かけてしまった。先週はうなだれていたアズマイチゲがどうなったか見たかったからだ。一号路を歩き始めると先週はまったくなかったヨゴレネコノメやユリワサビがよく咲いていた。登っているとかなり暖かく、途中でシャツも脱いでTシャツで登る。



 途中の分岐から4号路に入る。さすがにまだこのあたりは冬の感じである。歌を歌いながら歩いているおばさんがいる。オペラのような感じだったが、合唱などをやっている人なのだろうか。みやま橋を渡り、いろはの森から下ろうと思っていたが、考え事をしながら歩いていたら、いつの間にか通り過ぎていたので、時間も早いし、そのまま高尾山に登ることにする。山頂まで行ってみたが、まだ10時頃で早いせいか閑散としている。丹沢も富士山もぼんやりとしていて、長居したくはならなかった。


 少し下った所から左に降りる道を選択する。物静かな雰囲気のこの道はたまに人が登ってくる程度である。ビジターセンターの人なのか、研究者の一人なのか、まだ若い感じの人が樹木を観察し、ノートにメモをしながら歩いていた。定点観測して成長具合を見るのだろう。今は無理だけれど、老人になったら地元の森などで、そんなことをしてみるのもいいかなと、ふと思う。

 いろはの森分岐から日陰沢に下る。日陰沢ではアズマイチゲが良く咲いていた。一番の見頃だろう。そろそろイチリンソウも咲き始めた。また4月中旬に大群落が見られるのだろう。

 バス停に行くと、ちょうどバスが来るところだ。それに乗って高尾駅に出て、今日二回目の高尾山口に向かう。高尾山口駅から歩き出し、梅の木平へ。圏央道のせいでかなり雰囲気が変わってしまった。しばらく先から左に曲がり、峯の薬師に向かう。右側にカタクリが咲いている斜面があった。峯の薬師から左に入る。この道はまだ歩いたことのない道だ。結構地味な道だが登りは思ったよりもきつい。それでも、そんなに長くはなく、草戸山への道に出た。お腹が空いたが、我慢してそのまま草戸山に向かう。途中に木の階段の付いた展望台があるが、もう木がだいぶ伸びてしまっていて、眺めも制限されてしまった感じになっていた。わずかに急な登りを頑張れば草戸山に着く。相変わらずのポカポカ山頂はひなたぼっこするには良い場所だ。しかし、今日はちょっと暑いかな。日陰近くに座って少し遅い食事。

 草戸山からは三沢峠経由で城山かたくりの里に行こうと思っていたが、予定よりも時間が遅くなってしまった。城山湖の左を通っていけるのだろうか。もし行けなかったら、そのまま高尾山口か大戸橋の方に出よう。とりあえず左の道を選択して下っていく。最初はのんびり下る。しかし、右に道が分岐し、堰堤の通れる時間は朝から夕方までのようだ。まだ大丈夫なので、そちらへ。しかし、この下りは結構急で階段の段差がひどい。登る人がいたが、相当大変そうだった。




 堰堤をのんびり歩く。人工湖なので、石垣に囲まれていてたいしたものでないが、広い感じは悪くない。道路の登りになると、左側の斜面を歩く人がいる。山菜か何かを探して採れるのだろうか。柵を通り、右へ行くと、神社があった。そこから下り。斜面にこれでもかとタチツボスミレがたくさん咲いていた。

 まっすぐ丘陵コースを歩く。会う人も意外に多い。ほとんど軽装もしくは、荷物を持たないような人も見かけるので、このあたりに住む人が散歩コースとして使っているようだ。途中にはミミガタテンナンショウを見かけた。また、「ツツピーツツピー」と鳥のさえずりが聞こえる。そのあとには「コンコンコンコン」と木を叩く音。キツツキがいたのだろう。野鳥も多いようで、なかなかいい感じの道だ。途中には城跡があり、道からわずかに右に登ると、平になっている場所があった。少し眺めがあるが、静かな場所だった。

 さらに下っていくと、右に道が分岐する。右に行ってみる。何やら道に並んでいる人達が見える。どうやらバス待ちらしい。行ってみると、予想通り城山かたくりの里の臨時バス停であった。時間を見てからかたくりの里に向かう。駐車場から家の軒先を通っていき、入園料300円を払って中に入る。

 のっけからカタクリ、雪割草、ショウジョウバカマなどが咲いていてびっくり。とにかく花だらけという感じである。カタクリは本当に多い。天気は雲がかかってしまって今ひとつになったが、ちょうど時期が良かったのかきれいなカタクリが多い。ミツマタや赤色の入ったミツマタの園芸種などもよく咲いている。福寿草の原種というのも見かけた。とにかくたくさんのお花を見て、消化不良を起こしそうなぐらい、素晴らしい所だった。いい気分でバス停へ。バスはもう3時を回ったせいか、そんなに混んではおらずゆっくり座ることができ、橋本駅へ出た。


 やはり高尾山付近のお花、素晴らしいですね。堪能した一日でした。


ホームへ