【高尾】日影バス停→高尾山→一号路→高尾山口

【 山 名 】高尾山
【 山 域 】高尾
【 日 時 】2010年3月21日(日)
【 天 候 】くもりのち晴れ
【 ルート 】日影バス停11:20→12:30高尾山12:45→一号路→13:40高尾山口
【メンバー】単独

☆日影沢から高尾山

 せっかくの連休なのに仕事の連休である。それでも中日はなんとか休めた。山は荒れるということだったが、本当に夜は風が強かった。なんとか雨も上がったようなので出掛けることにした。中央線に乗ったが強風のせいで電車が遅れており、もちろん特別快速なども運休状態なので高尾駅まで随分時間がかかった。それでも駅を降りてバス停に行くとちょうど小仏行きのバスがやってきた所。タイミングがばっちりだった。日影バス停で下車する。随分人の手が入ったなという感じがある。少し進んで日影沢に着くが、人気はあまりない。コチャルメソウはまだ咲いていたが、もうハナネコノメはすっかり姿を消していた。アズマイチゲが咲いているが、天気が悪かったせいかあまり開いていない。ニリンソウも咲き始めていた。かわいらしく、ニリンソウらしくない雰囲気のお花があった。

 しばらく花を探して歩いていたが、お昼近くなってしまったので高尾山に向かう。今日は風が強かったせいかあまり歩く人がいないようで、下ってくる人に会わない。途中で倒木があって、先週の奥多摩同様、やはり高尾でも氷雪の影響があったのには驚いた。ぐんぐん登って分岐に出るが、ようやく登山者に会う。みなさん出掛けないのかな。さらに登ってロープウェイからの道に出ると、さすがに観光客も含めて人が歩いていた。少し登っていけば山頂に出る。ここもさすがにいつもよりは人が少ないようである。それにしても眺めはすっかり霧に煙ったような感じになっている。昨日の風の影響もあるとは思うが、黄砂などの影響もあるのかもしれない。ベンチも空いていたので、座って食事にする。

 さて、下山はいつもの一号路にする。天気が良くなったせいか、結構人出があるようだ。下りは人が多かった。沢沿いにお花が咲いていると思ったが、アオイスミレを数株みただけで、後はかなり時間の経ったヨゴレネコノメなどがあるくらいで拍子抜けだった。高尾山口駅へ向かうと、駅のすぐ近くの早咲きの桜が咲いていてきれいであった。





ホームへ