【陣馬】鎌沢入口→一ノ尾ノ尾根→陣馬山→和田峠

【 山 名 】陣馬山
【 山 域 】中央線沿線の山
【 日 時 】2010年12月5日(日)
【 天 候 】晴れ
【 ルート 】鎌沢入口9:20頃→10:00一ノ尾ノ尾根→10:45陣馬山13:00→13:25和田峠
【メンバー】chiyomiさん、moguさん、カセージンさん、他数名

☆陣馬山で鍋

 鎌沢入口で下車する。誰もいないかと思ったが、他に女の子二人が降りた。生藤山に向かうのだろうか。山に取り付くが、あまりいい取り付きではない。それでも、なんとなく踏み跡があり、その踏み跡を辿ると樹林の中に入る。しばらく樹林の中を辿ると斜面を巻くようになって、尾根を乗り越す。あまり登らずどこまで行くのだろうかと思うような道をしばらく歩いていくと、小さな沢を渡って、ようやく登りになる。しばらく登ると、明るい尾根に出た。なかなか気持ちの良い尾根で踏み跡がわずかに続いている。それを追うと、そんなに遠くはなく、一ノ尾ノ尾根の登山道に出た。あまり急ぐ必要もなく、のんびりと登っていく。それまでは人が少なかったが、やがて人がたくさん登っている所に追いついたようで、パスさせてもらいながら登っていく。思ったよりも登らされてようやく陣馬山だった。

 きれいに富士山が見えているので写真を撮っておく。chiyomiさん達は来ているかと思って見渡していたら、moguさんが見つけてくれた。きりたんぽ鍋が出来るまでは結構時間がかかる。それにしてもたくさんの人で混雑していた。寒い山頂での鍋はいつものことながら美味しい。きりたんぽも市販ではなく、お手製のものである。カセージンさんがなかなか到着しないので何かあったかと心配していたが、ようやく到着。携帯電話の電波が不安定でなかなか繋がらなくて連絡がうまくできなかったようだった。


 すっかり鍋を食べて、下山とする。カセージンさんとは山頂で別れて、和田峠に下る。階段ではなく、少し回り道である。あまり登山をしない人達もいるのでゆっくり下ったが、途中にあった木の紅葉が光が当たってとてもきれいだった。和田峠からは車で東尾垂の湯という温泉へ直行。ちょっと寒かったが、お湯は暖かく、ゆっくりと浸かった。



ホームへ