【高尾】高尾山口駅→六号路→高尾山→蛇滝コース→摺差バス停

【 山 名 】高尾山
【 山 域 】高尾
【 日 時 】2011年8月8日(月)
【 天 候 】晴れのちくもり
【 ルート 】高尾山口駅12:00→六号路→13:15高尾山→蛇滝コース→14:55摺差バス停
【メンバー】単独

☆高尾山へ

 暑いが、高尾山に行くことにする。京王線で高尾山口駅で下車する。平日だが、夏休みモードのせいかそれなりに人がいた。登るならば多少は涼しい沢沿いコースの六号路がいいだろうとケーブルカー駅をみながら先へ進む。姥百合が咲いていた。六号路に入って登っていくと若干は涼しいものの、やっぱり湿気が多いので蒸し暑い。それでも雷雨が多いせいか、琵琶滝はいつもよりも水量があるようだ。ぐんぐん登っていくが、途中からはペースダウン。沢から離れると暑さが厳しく、階段の登りはうんざりである。ようやく高尾山に出ると、休日よりは人が若干少ないものの、そんなに大差ない感じでもあった。今日は富士山は見えず、丹沢も霞んでいた。

 山頂の売店で何かを買ったことはあまりないが、今日は少し下った売店でソフトクリームの文字が見えたので買ってみた。アイスを若干形を整えてコーンに乗せるだけのものだったが、それでも食べると多少はひんやりした。


 薬王院へ下っていく。今日はその先は女坂を通って下り、ちょっと行きすぎてリフト乗り場まで行ってしまったが、戻って蛇滝コースへの道に入る。さすがにこの道は比較的静かでたまに登ってくる人に会うぐらいだった。暑くなったが、蛇滝に着くと少し涼しい。しばらく撮影してから下る。道路に出ると豆腐屋さんの看板が見えて、せっかくなのでお豆腐を買おうと蛇滝口ではなく、摺差バス停に向かう。さすがにこの暑さの中を高尾まで歩く気はなかったので、バスが来ないか心配だった。摺差バス停で時間を確認すると平日は1時間に1本が多く、たまに2本ある時間がある。その時間に当たった上に、バスが来るまで残り20分ほどとちょうどお豆腐を買って乗るのに都合のいい時間だった。豆腐を買ってしばらく待つと冷房の効いた空いているバスがやってきた。



ホームへ