【高尾】高尾山口駅→高尾山→一丁平→高尾山口駅

【 山 名 】高尾山
【 山 域 】高尾
【 日 時 】2015年7月4日(土)
【 天 候 】くもりのち雨
【 ルート 】高尾山口駅10:00→11:25高尾山11:35→12:15一丁平→14:10高尾山口駅
【メンバー】単独

☆高尾山へ

 雨の予報の一日。それでもくもりの時間帯があるようだ。少しでも歩きたいと京王線で高尾山口駅で下車する。さすがに人は少ないが、それでも雨は止んでいたようだ。駅から歩き出す。高尾山でもまだ歩いたことのない道がある。今日はそんな道を登ってみようと思う。ケーブルカー駅を見て、先へ進み、六号路を左に見て先へ進む。病院の横を通る、あまり気分がいい道ではない。このあたりは病院の私道になっているので、通らせてもらうという感じである。先へ進み突き当たりを右に入ると、病院の裏手を登ってようやく登山道という感じになる。

 意外によい道で歩く人はそれなりにいるようだ。大きな木もあった。しかし湿気がかなり強く、蒸し暑いのは仕方ないところだろうか。しばらく登ると琵琶滝からの道が合流する。左に行って見ると石仏が何体も置かれていた。戻って先へ登る。子供連れの人達が登っていて、後ろをゆっくりついていこうかと思っていたら、譲られてしまったので、仕方なく先へ進む。いかにも登山道で、樹林の中で眺めもない比較的静かな道である。ただ、お花は少ないかもしれない。意外に山登りっぽい道でいい感じの道を辿っていくと、一号路への分岐に着く。しかし、そのまま二号路に入る。細い道はそれほど登りはない。淡々と樹林の中を進んでいく。右上から人の声などが聞こえてくるのはいたし方ない。

 三号路との分岐に出て、右へ出ると一号路、すぐに四号路に入る。こちらも雨のせいか人は少なめ、静かな感じだ。途中には雨に打たれたギンリョウソウがあるくらいだった。どんどん歩いていろはの森を分岐し、さらに先へ進む。随分登ったころ、白いアジサイが咲いていた。

 トイレの横に出れば、もう山頂はすぐそこ。本当に人が少なく、山頂の表示を写真に撮る事ができた。


 一丁平に向う。途中にはオカトラノオが良く咲いていた。今年初のヤマホトトギスも見かけた。一丁平からの眺めは先日来たときよりも悪く、丹沢の山でさえ雲に覆われていてほとんど見えなかった。今日は左手の道を戻る。以前よりも随分道が広がった気がする。真ん中の道が木段になってしまったので、ランナーさんの利用が多いようだ。少し暗い感じの道を歩いていくと、高尾山直下に出た。高尾山には登らず、左手に進んで巻く。三号路に向かい、また少し暗い感じの道を進む。途中で雨が降り出し、傘を出して歩く。一号路に出て、のんびり下った。駅前に泥落としの水道があるので、靴を洗ってから電車に乗った。



ホームへ