【高尾】城山かたくりの里→評議原→大戸→アスレチック広場→草戸峠→草戸山→高尾駅

初沢川へ降りるのは一般登山道ではありません。

【 山 名 】草戸山
【 山 域 】高尾
【 日 時 】2017年3月20日(日)
【 天 候 】晴れ
【 ルート 】9:50城山かたくりの里11:05→11:30評議原11:40→大戸→12:15アスレチック広場→12:40草戸峠→12:50草戸山13:00→14:10高尾駅
【メンバー】単独

☆城山かたくりの里から草戸山へ

 いつもの事ながら、この時期になるとお花が見たくなる。カタクリにはちょっと早いが雪割草に会いたくなったので、出かけることにした。もういつものように橋本駅から城山かたくりの里への直行バスが出る季節、しかし、今年は寒いのでやはりお花は遅れ気味であろう。直行バスにはそれなりに人が乗り、終点で下車してまずはカタクリの里を見て回る。最盛期は入園料500円かかるが、まだ時期が早いせいか300円だった。予想通り、たくさんの雪割草が咲いている。



 カタクリもポツポツと咲き始めてはいたが、やはりまだ早かった。ぐるっと一回り、個人的にはコシノコバイモを見ることができたのが、一番の収穫であった。


 黄色セツブンソウ、キクザキイチゲ、アズマイチゲ、マンサク、ダンコウバイなどなど、それなりにたくさん咲いていて、楽しむことができた。


 さて、そろそろ山を歩くことにする。昨日も歩いたので、軽めの歩き、いつもながらの小松城跡への道に上って、歩いていく。この道も随分メジャーになったようだ。最初に歩いた時は本当にか細い道であったが、歩く人が増えるに従ってどんどん広がり、以前道脇に咲いていたスミレなどもほとんど消えてしまったのではないかと思う。これは残念な気もする。のんびり登っている人も多い。しばらく登っていけば評議原、まだ11時30分ではあったが、お腹がすいたので、ベンチに座って静かな昼食とした。


 先へ進み、しばらく登れば道路に出る。もう梅園は旬を過ぎているであろう。今日は道路を右へ下ってみる。しばらく下ると左手に道が分岐する。これが大戸への道だろう。そちらに入ってぐんぐん下ると左後方に野球場への道があるが、今は封鎖されている。右へ進んで行くと大戸のバス停があった。さらに先へ進んでいくと見覚えのある青少年センター入口に出て、左に折れて大地沢林道を行く。下ってきた女性にこの先にバス停があるか聞かれたので、ありますよと答える。でも、しばらく行ってから、そういえば本数が少ない事を言ってあげれば良かったかなとも思った。先へ歩いていき、右下のアスレチック広場に降りる。そこから山に取り付く。

 しばらく登ると山桜の丘への階段道を見て、左に登っていく。右に折り返して登ると峠の丘である。スカイツリーは今日は無理である。遠くの建物でさえ霞んでいた。登っていき、もう何度も歩いた道を登っていくと草戸峠に着く。そのまま進むと下って来る人によく会う。緩く下ってから登り返しになって登ると草戸山に着く。人がそれなりに休んでいた。ベンチに座って休憩する。


☆高尾駅へ

 さて、展望台で眺めを楽しんでから、下山は草戸峠に戻る。高尾駅方面に下って進み、久しぶりに初沢川東側尾根に入って342mの三角点を見る。四等三角点は最近更新されたのか、とてもきれいである。踏み跡を下って初沢川に降りると、なんと歩いている人がいて吃驚する。話はしなかったが、マニアックな人である。高尾駅に向かって下ったが、あまり良い歩きではなく、藪が多かった。高尾霊園に出て、道路をしばらく歩いて高尾駅に出た。



ホームへ