【高尾】和田バス停→一ノ尾ノ尾根→陣馬山→道路→陣馬高原下バス停

【 山 名 】陣馬山
【 山 域 】高尾
【 日 時 】2020年1月25日(土)
【 天 候 】くもり
【 ルート 】和田バス停10:00→10:35一ノ尾ノ尾根→11:10陣馬山11:30→12:15道路→12:30陣馬高原下バス停

☆陣馬山へ

 今日も別な山を歩くつもりだったが、天気が今ひとつっぽい感じだし、なんとなく行きたくなくなってしまった。ということで二度寝して軽い山を歩くことにする。久しぶりに藤野駅からバスに乗り、和田バス停で下車する。3番バスだからというよりは、天気が悪いせいか人もそんなに多くはない。陣馬登山口で結構下車したので、和田バス停まで乗った人は他に一グループくらいだった。


 ヤブ尾根に取り付く。疑似木段の登りはえらくきつい。さすがに最近はこんなところを歩く人もあまりいないようだ。しばらく登ると作業道が横に通っていたが、そのまま直登を続ける。さすがに暑くなったので、きつい尾根の途中でザックを下ろしてフリースを脱ぎ、再びパーカーだけ着て登り始めた。汗をかきながらしばらく登ると少し尾根が緩んだようだ。一呼吸、休むというほどでもないが、僅かな間、立ち止まってから先へ進む。今までは明るい自然林だったが、少し暗い樹林に入った。このあたりは植林なのだろうか。さらに登ると少し下にササなども出てくるようになり、ヤブっぽくなる。さらに進むと途中には踏み跡が横に通っている。作業道があるのだろう。その先は少し尾根がきつくなりそうなので、その踏み跡を右にわずかに進んだが、尾根から離れていってしまうようなので、左に登って再び尾根に出た。かなりヤブっぽい。ただ、わずかに踏み跡があるように思えたが、人のものではなくて、鹿のものだろうか。途中には鹿のフンがよく落ちていた。

 さらに登ると神奈川県の水源の森林のポールも出てきた。やはり踏み跡が横に通っている。このあたりはいくつも作業道があるらしい。無視してそのまま直登する。またきつい所を登るとポールの立っている所に登り着いた。ピークという感じではなく、尾根の途中である。先のすぐ下には登山道が見えた。


 そのままだと降りにくそうなので、左にわずかに進み、登山道が右下から上がってきている所で飛び出た。右手を見たら、陣馬登山口から登ってきたと思われる人達が見えた。先へ進んでいくと早い人が抜いていく。降りていく人も何人か会った。ランナーさんにはこのあたりは軽いトレーニングなのであろう。しばらく歩くと和田からの道が合わさっている。


 先へどんどん歩いていくと急登になる直前に大きな木がある。巨樹というほどではないものの、四方に腕を伸ばしているような感じである。その先は左右に曲がりながらしばらく急登、その先は今度は木段が出てきてこれまたきつい登りが続く。


 ようやく登りきった所には茶店がある。さらに登れば山頂、こんな天気でも人はそれなりに休んでいた。もちろん富士などまったく見えず、丹沢の山々でさえ雲に隠れがちだった。


☆下山

 こんな天気だと先へ行こうという気も起きない。いつもの軽い食事を終えれば、さっさと下山することにする。ようやくバスに乗れるようになった陣馬高原下へ下ることにする。山頂から直接そちらの道に入った記憶があるが、この道は滑りやすいので100mほど和田峠の方に進んでから右に入るように書かれていた。ということでそれに従って先へ進むが下の木の階段がとても滑りやすくて、わずかに氷が残っていたようでツルツルと滑って転びそうになったのでビビった。右へ入ると轍の跡があり、荷揚げ道のような感じである。小屋へ荷揚げするための道なのだろうか。降りていくとまだまだ登って来る人に会った。どんどん下って左に和田峠への道を分け、右の登山道に入るとすぐにまた右に高尾方面への道を分ける。

 左に下っていくと急な下りになり、少し下ると左にロープが付けられている。若干崩れている感じである。やはり台風の影響だろうか。それから下にもロープの付けられている所がいくつかあった。どんどん下っていくとやがて右に曲がって暗い樹林の中に入る。下りはきつく、足に来る下りである。下っていたら、観光客的な雰囲気の女性が一人登ってきた。陣馬山へは道標とか付いていますか、と聞かれたので、大丈夫ですよ、と答えた。なんとなく登りたくなったのかもしれない。まだお昼過ぎ、問題にするような時間でもない。先へ下っていくと沢沿いの道になり、二度ほど橋を渡るが、やはりだいぶ傷んでいて二つ目の橋は少し強度が心配になる感じだった。その先へ行けば道路に出る。後はのんびりと道路を歩いていく。たまに登ってくる人に会う。これはちょっと前にバスが来たということだろう。なんとなく間に合わないのではないかと思いつつ、歩いていく。まだ営業しているお店があり、その先にバス停があったが、もうバスはいなかった。バス停で時刻表を見るとやはり5分前に行ったばかり、仕方なく、ベンチに座ってバスを待った。



ホームへ