【高尾】城山総合事務所入口バス停→城山かたくりの里→評議原→雄龍籠山→三沢峠→梅ノ木平→高尾山口駅

【 山 名 】雄龍籠山
【 山 域 】高尾
【 日 時 】2020年3月21日(土)
【 天 候 】晴れ
【 ルート 】城山総合事務所入口バス停9:40→10:00城山かたくりの里10:50→11:25評議原11:30→11:40雄龍籠山→12:15三沢峠→13:15梅ノ木平→13:50高尾山口駅

☆城山かたくりの里

 三連続山行になるが、やはりお花を見に行きたい。さすがに疲れたのでのんびり起きて出かける。以前は橋本駅から神奈中バスの直行バスがあったが、今は別な会社にお願いして観光バスを走らせているようだ。乗ることもできるが、神奈中のバス停から歩くことにした。京王線で橋本駅へ行き、三ケ木行のバスに乗る。城山総合事務所入口で下車して右の道を進み、車の多い道路に当たったら右へ進み、しばらく歩いていく。神社を過ぎてさらに進むとかたくりの里の表示があり、左に曲がってしばらく歩けば、城山かたくりの里に着いた。

 入園料は500円だった。もう何度も来ているので以前ほどの感動はないが、やはり今年もそれなりに花が咲いている。今年は異常に暖かくなったり、寒くなったり忙しい年のせいか、カタクリがかなり咲いているが、咲いてから時間が経っている花が多いように思えた。そのせいか、6〜7割は咲いているらしいが、前に見た時のようなすごい咲き方では無かったようだ。

 わずかに早かったのかもしれないが、なかなかぴったりのタイミングに出会うのは難しい。やはり暖かかったせいか、雪割草は少なめだったが、それでも結構咲いていた。

 コシノコバイモも増えたようだ。オオバキスミレなどもさらに増えていた。キクザキイチゲやアズマイチゲ、ゲンカイツツジやヒカゲツツジ、ミツマタなどなど多数の花は今年もたくさん咲いていて、さらに桜も咲いていて良い春を満喫できた。


☆雄龍籠山から三沢峠

 適当な所で切り上げて先へ進む。いつものように小松城跡を過ぎ、のんびり登っていく。まだちらほらとスミレが咲いていた。どんどん登って評議原、ベンチは空いていたので座って昼食を取った。あたりのヤマザクラはもう満開、やはり早い感じである。先へ進むとやはりヤマザクラがとてもきれいである。どうも嬉しくなってしまい、写真を何枚も撮っていたが、見た目のようにきれいに写すことはできないようだ。やってきたご夫婦らしき登山者はあまり興味がないのか、さっさと通り過ぎていった。

 先へ進んで道路に出て、その先の石段を雄龍籠山に向かう。神社へ登るが、何度登ってもここは非常にきつい。ようやく神社に出て、さらに右に登ると展望台という場所に出るる。以前にあったかどうか記憶にないが、そのあたりからはヤマザクラ越しに眺めを楽しむことができた。


 さらにしばらく登れば雄龍籠山、小さな石祠の航空機神社がある。その先へ進み、急な道を下る。もう右手は城山湖である。そのまま道路を先へ進んでいく。発電所を見てさらに先へ降りていくと分岐に着いて、そこから右の道に入る。しばらく進むと後ろに文学碑への道が分かれたが、立ち寄らなかった。先へ進んでいくが、ここはいつも長い登り、眺めもないのでひたすら登っていくだけである。歩いている人もそれなりにいるようだ。パスしたりして登っていく。ようやく、先日歩いた道に出る。左に折れてすぐに榎窪山、さらに少し歩けば三沢峠に着いた。

 さて、ここで思案する。久しぶりに大洞山などへ向かうか、それともここから降りるか。しかし、コースタイムを見ると大垂水峠を越えて城山に向かうにはかなりの時間がかかる。まだお昼過ぎだから行けない時間ではないが、さすがに三日目ということもあって疲れもあるので、やはりここは下ることにした。少し休憩してから下り始めた。


 ここは久しぶりの道だ。去年の台風の影響がやはりあって、少し道の脇が崩れたりしている所がある。車が入るのは難しそうだが、歩くには特に問題はない。危ない感じの所にはしっかりロープなども張られていた。どんどん下っていくとユリワサビがたくさん咲いている。今年はユリワサビの当たり年ではないかと思うくらいだった。ナガバノスミレサイシンも見たし、もうニリンソウやミヤマカタバミなども咲いていた。どんどん下って、先日下ってきた道と合流し、さらに下って道路に出る。

 今回は小山氏宅のカタクリを見に行く。以前、どこにあるお宅か分からず、諦めたのだが、今回は訪ねることができた。人はいなかった。協力金を箱に入れて、庭に入らせてもらう。かたくりの里のカタクリを見てしまうと放し飼いに近いので、少し雰囲気が違う。それなりには咲いていたが、自分的にはカタクリよりもたくさんのフキノトウやアズマイチゲの方が良いように思えた。

 梅ノ木平に出るが、さすがにもう梅の花はほとんど終わっている感じだった。月日の去るのは誠に早い。また、この春もあっという間に過ぎ去っていく。高尾山口駅まで歩いて、短い春の一日のお花散策を終えた。





ホームへ