【高尾】高尾山口駅→6号路→高尾山→1号路→3号路→4号路→日影→高尾駅

【 山 名 】高尾山
【 山 域 】高尾
【 日 時 】2022年6月5日(日)
【 天 候 】晴れのちくもり
【 ルート 】高尾山口駅8:40→6号路→9:40高尾山9:45→1号路→3号路→4号路→11:50日影→12:35高尾駅

☆久しぶりに花咲か爺の木を見に

 昨日は良い天気で、本当は山に出かける用意をしていたが、頭が痛く、山に行くのは諦めた。原因が不明だが、軽いウォーキングをしたおかげか午後には頭痛も治った。残念ながら日曜日は天気が悪く、くもりのち雨の予報である。仕方がない、午前中で軽く歩ける高尾山に行くことにした。


 家を出るとぱらぱらと小粒の雨が降り出していたので長い傘をザックにさした。歩き出してしばらくするとぱらぱら雨は止んだようである。京王線で高尾山口駅に着く。さすがに人が多い。くもりのはずが日が差している。せっかく長い傘を持って来たのに意味がなかったようだ。それなりに人が多いのはやはり高尾山である。

 しばらく歩いて六号路に入る。それなりには歩いているが、まだ時間が少し早いせいか団体さんはあまりおらず、比較的人を抜くのに苦労するような事は少なかった。しばらく登っていき、滝の分岐をさらに先に進み、しばらく登るとセッコクが咲いている。白い花が雪が積もったように見え、やはり自分的には花咲か爺の木である。ちょっと遠いのが残念な所である。

 しばらく写真を撮ってから先に進む。さらにどんどん登っていく。今日は久しぶりに滅多に履かないローカットの登山靴を履いてきた。バーゲンでなんとなく買ったのだが、やはりローカットシューズは自分には使いにくく、ちょっと失敗したと思った。それでも高尾山なら十分に使えるので履いてきたのである。足にぴったりと合っていて地面の感触がしっかり分かる靴なのだが、クッション性が少ない靴なので少し足が疲れるのが難点である。それでも調子が良く、どんどん登っていく。やはりまだそんなに人が多くなく、抜くのも比較的容易だった。やがて沢から離れて階段道になる。階段も随分長くなったものだ。人が多いので登山道が荒廃しないようにということで仕方ない所ではある。ひたすら登ってちょっと平なベンチがたくさんある所に登り着く。もちろん休んでいる人達を見て、さらに先に進み、山頂に向かう。

 しばらく登っていけば、山頂に着く。今日は丹沢も雲の中、やはりあまり良い天気とは言えないようである。端の方の石垣に座って早い昼食とした。


 さて、地図を見てどのように歩こうか。今日は城山などには向かわずに高尾山だけで完結することにする。一号路を下っていく。やはり人が多いので途中でマスクを着けて下る。しばらく下ってタコ杉を見て、さらに進んでケーブルカー駅に行く。ケーブルカーに乗るつもりはなく、セッコクが目当てである。左手にセッコクを見られるようになっている。行ってみるともう咲いてから時間が経っていたが、まだ見られた。だいぶ近いので良い感じで見ることができた。

 さて、少し戻って三号路を歩く。あまりこちらから歩いたことはないが、そんなに人も多くなく、歩きやすい道であった。でも、それなりには長い。子供連れのファミリーなども歩いていてパスさせてもらった。さらにどんどん歩いていく。途中では写真を撮っているいる人達にたまに会った。さらに歩いていけば、三号路は終わり、少し広い道を先に進んで再び六号路から来た時の道に出て、右に登って行けば一号路に出る。さすがに二度目の山頂には行かず、そのまま四号路に入る。

 さすがに歩いている人も多く、ゆっくり下っていく。まだお昼前、急ぐ必要はないので無理に抜く必要もなかったし、抜いてもさらに先に下っている人は多かったのでどうせ詰まるのは分かっていた。しばらく下ると左に日影沢への道が分かれる。さすがにそちらに向かう人はいないようだ。道標の写真を撮ってから、そちらに入るととても静かな道である。やはり人のいない道の方が静かで良い。お花は残念ながらないが、のんびりと下っていくとたまに登って来る人や下っている人もいた。さらに下っていけば、小さな林道を過ぎてさらに下る。沢に出て顔を洗うと思ったよりも冷たい水で気持ち良かった。

 さらに歩けば建物が出て来て、道路になり、しばらく下ればキャンプ場を見る。単独の女性が速足で下って行った。のんびりと道路を下っていく。特にこれというお花もなく、歩いて行き、やがて日影のバス停に出る。さてと時刻を見ると6分ぐらい前に一本行ってしまい、次はなんと一時間バスがない時間である。さきほどの女性が急いでいた訳が分かった。仕方ない、高尾駅まで歩きますか。

 のんびりと道路を歩く。前を子供とおとうさんが歩いているが、なかなか早い。ふと見ると走っていたりする。なので追いつかないようだ。ひたすら歩いていくと駒木野の小仏関所跡、以前と少し変わったようである。そこで追いつきそうになったが、やはり追いつかなかった。しばらく歩いて病院前を通過し、さらに歩いて道路に出た所の信号でようやく追いついた。高尾駅に向かう。以前にあったわっぱめし屋は閉店してしまったらしく、医者などに変わっていた。やはりコロナの影響であろう。コンビニでバニラアイスを買い込み、高尾駅から中央特快に乗り込んだ。



ホームへ