【高尾】陣馬登山口→栃谷尾根→陣馬山→明王峠→矢ノ音→子孫山ノ頭→与瀬神社→相模湖駅

【 山 名 】陣馬山、矢ノ音、子孫山ノ頭
【 山 域 】高尾
【 日 時 】2022年12月18日(日)
【 天 候 】晴れときどきくもり
【 ルート 】陣馬登山口9:50→栃谷尾根→11:15陣馬山11:25→11:55明王峠→12:20矢ノ音→12:45子孫山ノ頭→13:15与瀬神社→13:35相模湖駅

☆陣馬山へ

 遠出するつもりであったが早朝に起きられず、出遅れた。起きるとあまり良い天気ではない感じである。それでも晴れる予定のはずなので、軽い山に出かけることにする。電車に乗っていると23区から市に入ると天気が良くなってきた。最初は高尾山あたりに行こうと思っていたが、調べると藤野駅からのバスに間に合いそうなので、陣馬山に行くことにする。藤野駅で下車してトイレに立ち寄ったら、すでにバス待ちの行列が長くなっていて立って乗ることになった。それでも陣馬登山口まではたいした距離ではないので、立っていても問題はなかった。

 たくさんの人が下車した。栃谷尾根に向かう。登っていると前を歩いている女の人が早い。それでもしばらく登っていった所でパスする。さらに登り、栃谷尾根への分岐を左に曲がって登っていく。途中からは丹沢の山が見えるが、白くなっていた。上の方は雪がそれなりに降ったようである。ただ、真っ白とまではいかなかったようである。湿雪であったのだろう。ジャケットを脱いで長袖シャツにする。少し先に歩いたら風が出てきたが、そのまま登った。道路をどんどん登って行き、ようやく休憩所を見てさらに登ると道路を離れて民家の横を登り、石祠と冬仕様なのか布の着けられた石仏を見る。

 畑などの間を登る。晴れていて日差しがあるのだが、上に雲があり、小雪がちらちらと舞った。このあたりは直登気味で結構きつい登りの所が多い。ようやく左に曲がると登山道らしくなり、しばらく登っていく。折り返してさらに登ると木祠のある所に登り着くが、そのまま直進する。さらに登っていくと前を歩いている女性二人に追いついて、話をしながら歩いているせいか、なかなかパスさせてくれない。そのうちに後ろからさきほどの女性も追いついてきて鈴を鳴らしているせいか、ようやくパスさせてくれた。女性は早そうなので少し先で立ち止まってパスさせたが、さらに先でじぐざぐの登りになると追いついてパスする。このあたりは樹林の中で眺めもなく、こちらもなんとなくスピードモードに入ってどんどん登る。追いつかれるかなと思ったけれど、なんとか追いつかれることはなく、急坂の階段を登って先に行けば、景信山方面からの道と合わさり、さらに木段の登りで陣馬山の山頂に着く。

 さすがに寒いせいか、人が若干少ないようだ。奥多摩方面は天気が良いが、富士山は残念ながら雪雲に覆われていた。久しぶりに筑波山らしき山が見えていた。風が少しあってやはり寒い。ベンチに座ってジャケットを着込み、サンドイッチの食事を軽く食べた。


☆矢ノ音へ

 体が冷えてしまった。先に進むことにする。山頂を後にして明王峠に向かう。特に行程を決めていた訳ではないが、昨日の雨のせいか少しぬかるみが多い。景信山などへ行く気はあまりなく、明王峠から矢ノ音に向かうことにする。やはり寒いせいか、若干人は少な目ではあるが、それなりに人に会いながら先に進む。ずっと日陰で寒く、しばらく進むと少し日差しがある場所があり、女性二人が「暖か〜い。」と声を上げていた。確かに日差しがあると暖かく、こんな日は日だまりが嬉しい感じである。さらに先に進むと、未だに奈良子峠から陣馬登山口への道は通行止めのままである。先に進み、しばらく歩けば明王峠に着く。たくさんの人が休んでいた。残念ながら、やはり富士山は雲の中であった。

 茶屋は営業していない。もう冬は営業しないのだろうか。その横を通って矢ノ音に向かう。しばらくぶりの道のような気がする。登って来る人も降りていく人もおらず、静かな道を下っていく。途中には石投げ塚がある。地元の人が添えたのだろうかキクの花が置かれていた。林道に出るあたりで、ようやく一人会った。林道を渡ってさらに先へ進む。しばらく下って矢の音への道に入る。笹の雰囲気の良い道をしばらく緩やかに登っていくと上が欠けた地蔵が今も置かれていた。ここにもキクの花が添えてあった。さらにしばらく歩けば、矢ノ音の山頂に着く。樹林で薄暗くなっている。右側はこの時期は自然林の合間から山が見えて悪くはなかった。

 そのまま下に向かう道に入ったが、少し急な下りが続く。特に下部は滑りやすく、今日履いてきた靴は軽いシューズなので二度ほど転んで手を地面についてしまった。ようやく本道に合流してホッとする。さらに進むと大平小屋を過ぎる。左の道をとって緩やかに登っていく。大明神山を巻いて通り過ぎ、少し下りになってしばらく行くと左に道が分かれる。急ぐ必要もないので、左の道を取ってしばらく急坂を登る。すると登り着いた。そこには孫山という表示が付いていたが、置かれていた椅子のような木には子孫山の頭と書かれていた。

 相模湖駅に向かう。そのまま直進して緩やかに下っていると、少し先を大きな動物が横切った。どうやらシカらしい。まったく鳴かなかったので、おそらく雄だろう。自分の二倍くらいはあったと思われる大きなヤツだった。少し先で巻いてきた道と合流して、先へ下っていく。明るい所に出て、木段で下る。滑りやすい道で注意して下ったが、やはり少し滑った。すると急に何かかなりの勢いでこちらに近づくものがある!と思ったら、かなり大きな犬だった。鈴を付けていたので飼い犬と思われるが、近くに人はいないようだ。先へかなりの勢いで下っていった。山慣れした犬だなと思いながら、滑りやすい道を下る。しばらく下ると先にいるのが見えた。そこは展望台になっていた。下りついて展望を眺めようとしたら、さきほどの犬が袖をかるく加えた。おいおい、お前の飼い主じゃないよ、と言ったら通じたのかどうか、諦めたように先へ下っていってくれたので助かった。あんな大きな犬に噛まれたりしたら、たまったものではない。ちょっとホッとして、先日歩いた石老山と相模湖の眺めを楽しんだ。

 再び先へ下る。また犬が出てくるかと思ったが、かなり遠くで吠える声が聞こえたくらいで飼い主の元に戻ったのかどうか、その先は見かけることはなかった。ゆっくりじぐざぐ道を下って、やがて与瀬神社に辿りつく。もちろん神社でお参りする。急な石段を下り、高速の上を過ぎて道路に降りる。左に進んで車道に出て、後はのんびり駅へ向かう。駅近くのお店でお酒を買い込み、今日も早い帰宅となった。



ホームへ