【塩原】塩釜温泉→岩の湯入浴→不動の湯入浴→大網温泉

ハイキングというよりはウォーキングに近い世界なんですが、たまにはこんな渓谷を歩くもよいのでは。

【 日 時 】2001年5月20日(日)
【 天 候 】晴れ
【 ルート 】塩釜温泉10:20→岩の湯入浴→不動の湯入浴→12:50大網温泉
【メンバー】単独

 最初は赤城山に行くつもりだったのだが、ここのところの疲れがたまっていたので、新緑を見に塩原温泉に行くことにした。どうせ歩く時間は短いので、各駅停車で那須塩原駅へ向かう。途中、ポイントで警告ボタンが押されたので、安全確認のため4分ほど電車が遅れた。閑散としている那須塩原駅で下車して、バス停へ行くと、なんと4分ほど前に発車したばかり!!!(T_T)

 仕方ないので、再び電車に乗って西那須野駅へ向かった。たまたまスーパーホリデーパスだったので、追加のお金が発生しなかったのは、不幸中の幸いか。西那須野駅で降りると、バスが待っていて、乗り込むとすぐに発車した。塩釜温泉で下車。目の前の橋を渡って、しばらく左に進むと、大きな道に出る。左に曲がって少し進めば、かんぽの宿があり、その少し先に塩原温泉ビジターセンターがあった。中に入って見学後、そのすぐ先にある遊歩道に入る。少し下っていくと、天皇の間記念公園があった。入場料200円を払うと、絵葉書をくれたので、スタンプを押す。見学後、舗装道路を少し下れば、橋を渡り、その先で川沿いの遊歩道に降りる。ここからが核心部。しばらく川に沿って歩き、吊橋を渡る。この吊橋は揺れるので、なかなか楽しい。

 渡った所で右側に岩の湯がある。入浴しようと思ったら、掃除の人達が来たようだったのでパスして、さらにその先にある不動の湯へ。人が多く、芋洗い状態だったが、水着を着た女性がいたので、入っちゃおう。(^^;
 ゆっくりと露天風呂を満喫して、せっかくなので岩の湯へ戻る。湯治に来た人達らしく、おばあさんなんかが入っている。こちらの方が源泉としては効能がありそうである。

 ゆっくり入って体が熱くなってから、歩きに戻る。先程の不動の湯の先へ進むと、登りになる。温泉を入って直後の歩きは苦しい。しばらく歩くと、不動沢に着く。最近雨が少ないせいか、沢には水量がほとんどなくてちょっと寂しい。それでも涼しい風が吹いている。そこを過ぎると、塩原グリーンビレッジへ分岐の看板がある。そこからしばらく左にオートキャンプ場を見ながら歩いていく。途中で蛇に会ってびっくり。少し赤いやつだったが、さっさと逃げてくれたのでほっとする。

 さらに進むと、布滝への分岐。左へ入って急な下りをわずかで布滝の展望台。ベンチなどもあり、また、木陰だったので、腰を降ろして一休み。おにぎりを食べていると蚊がよってきたので、さっさと出発する。登りがきつくなって、尾根を越える。一番高い所にベンチがあって、風が下から吹上げてきているので、とても涼しく休むことができる。そこからは原生林の中を下っていく。落ち葉の絨毯がふかふかで歩きやすい。下りついたところは広場のようになっていて、ベンチがいくつもあった。

 さらに歩くと、幕川ダムに着く。釣り客が中に入ることが多いのか、かなり厳重に鉄製の網がかかっていた。まるで拘置所みたいに上まで厳重に封鎖された細い橋を渡って、少し登り返せば、車道に出る。車の多い車道を注意しながら少し歩けば、すぐに大網温泉田中屋に着く。またまた露天風呂に入ってゆっくりしてから、バスに乗った。


 ちょっと暑かったものの、樹林の中は意外に涼しく歩くことができました。また、紅葉の時期にでも行ってみたいですね。ついでに日留賀岳も行ってみたいです。



ホームへ