【房総】養老渓谷駅→奥養老バンガロー→弘文洞→養老温泉→養老渓谷駅

千葉の養老渓谷に出掛けました。山歩きというよりは散策に近いのですが...。(^^;

【 山 域 】千葉
【 日 時 】2004年1月12日(月)祝日
【 天 候 】くもりときどき晴れ
【 ルート 】養老渓谷駅10:30→奥養老バンガロー→弘文洞→養老温泉(入浴)→12:45養老渓谷駅
【メンバー】単独

 久しぶりに早朝起きて、東京駅から快速で千葉駅へ。内房線に乗り、五井で小湊鐵道に乗り換えて、養老渓谷駅に着く。駅を出て、右に少し進むと踏切があるのでこれを渡ってしばらく車道を下っていく。橋で養老川を渡る。道が分岐するので、左の道をとってしばらく登っていくと、夕木台に着く。そのまま直進してゆるやかに登っていく。千葉だから暖かいと思っていたが、結構寒い。左の崖から水がところどころポタポタと垂れているが、つららがある所を見ると最低気温は零下を下回ったのだろう。

 民家をみながら歩くと、左に道が曲がり、樹林の中へ入る。しばらく歩くと、奥養老バンガローへの道が分岐するので、左に下っていく。下っていくと、山間の畑がときどきある。このあたり地形が複雑で、迷ったら抜け出すのは結構大変そうだ。奥養老バンガロー入口から登りになり、しばらく登ると受付所に出る。バンガローがいくつも並んでいるなかをしばらく下っていく。さすがにこの時期、営業していないのだろう。不気味なぐらい静かである。やがて川が見えて、小さな橋で川を渡る。夏は川のそばでバーベキューなんかをするんだろうね。道を登り、車道に出る。車道をしばらく歩くと、トンネルがある。向かい風が強くて、かなり寒い。春だったら気持ちいいのかもしれないが、トンネルの暗さと合わさって、つい早足になる。

 やがてまた、のんびりしたあまり人気のない集落を通り過ぎて歩いていくと、下りになって弘文洞入口に出る。左に遊歩道へ入ると、沢風が冷たい。しばらく沢を見ながら歩き、石づたいに川を渡るとほどなくして弘文洞に出る。ちょうど川が合わさるところで岩壁が高い。さらに沢の横に付けられた道をしばらく歩く。さらに石づたいに川を渡り、しばらくで小さなキャンプ場に出る。さらにもう一度石づたいに川を渡れば、養老温泉に出る。ああ、もう終わりか。せっかくなので、近くにあった旅館で日帰り入浴した。

 帰りは、しばらく車道を歩き、左に曲がる。ペンションというよりは民宿?と思うようなペンションを通り過ぎ、白鳥橋を過ぎれば、細い舗装道路になり、しばらく登っていく。やがて曲がったあと、朝通った夕木台に出た。もう勝手知ったる道、駅まではそれほどではなかった。



ホームへ