【房総】安房勝山→江月水仙ロード→保田駅

【 山 名 】江月水仙ロード
【 山 域 】房総
【 日 時 】2008年1月14日(月)祝
【 天 候 】くもり
【 ルート 】安房勝山→江月水仙ロード→保田駅(時間計測なし:ゆっくり歩いて2時間30分ほど)
【メンバー】単独

☆水仙ロードへ

 安房勝山駅で下車する。予定よりも遅くなってしまい、歩き出しは11時30分頃になってしまった。駅を出て左へ。少し歩くと川があり、そこからハイキングコースとなる。しばらくはのんびり川沿いの道を歩く。すぐに水仙が出てきて咲いていた。数はそれほどは多くないが、白い水仙もあり、悪くはない。しかし、今日はどんよりと曇っている上にかなり寒い。

 しばらく歩いていくと、天寧寺があるので、立ち寄る。静かなお寺のようだが、ちょうど水仙ロードの方から来たおじさん、おばさんハイカーの人達がたくさん来て、賑やかだった。お参りしてからまた歩き出す。

 道路の下を通るころは本当に風が冷たくて寒かった。右に見える山がある。かなり山頂近くまで削られた山だ。しかし、堂々とした雰囲気である。津辺野山らしい。


 緩やかな登り道になり、やがて菜の花が咲いている畑を見る。晴れていたらきれいなのだろうが、どんよりとした曇り空の下では今ひとつであった。残念だ。

 少し上り坂がきつくなり、どんどん登っていく。左が開けて斜面はいい雰囲気である。水仙がなかったら、人など来そうもない、里山の雰囲気だった。


 やがて峠のような所を過ぎて左に曲がる。このあたりは分かりにくいが、看板が出ているので、それに従って歩けば迷うことはない。しばらくすると車の来るような所に出て、休んでいる人達もいる。このあたりが江月上なのだろう。

 適当に車道を歩くと、富士山の写真の掲げられた場所に着く。もちろん天気が悪いので見えるはずもないが、海を見ることができた。このあたりからは観光客が多い。水仙を見ながらのんびり下っていく。本当にたくさんの水仙が咲いている。途中には土産物などを売っているので、懐かしい乾燥いもを買い込み、駅へ向かった。





ホームへ