【戸隠】飯綱登山口バス停→駒つなぎの場→飯縄神社→飯縄山→戸隠神告げ温泉

【 山 名 】飯縄山
【 山 域 】戸隠の山
【 日 時 】2011年10月9日(日)
【 天 候 】9日 快晴
【 ルート 】9日 飯綱登山口バス停7:10→7:30登山口→8:20駒つなぎの場→9:20飯縄神社→9:30飯縄山10:05→10:25分岐→11:30道路→11:40戸隠神告げ温泉
【メンバー】単独

☆飯縄山へ

 早朝に宿を出て、中社から一番のバスに乗るが、自分以外には地元の高校生が一人乗っただけだった。素晴らしい天気になりそうである。しばらく乗って飯綱登山口で下車する。住宅が点々とあるのだろうか、散歩している人や道路脇の掃除などをしている人を見かける。まっすぐに歩いていくと、登山口があった。鳥居をくぐって登り始める。樹林の中でまったく眺めはなく、ひたすら下を見ながら歩いていく。そんなにきつい登りではないものの、しっかり登りで自分のペースで登っていく。だいぶ登って汗をかいた頃、石仏が出てくる。しばらく登ると駒つなぎの場という所に着いた。わずかにスペースのある場所で奥に石仏があるが、やはり樹林の中である。

 そこから先へ進むと、じぐざぐに登る道になり、たまに眺めが出てくるようになる。小さな水場があり、ちょろちょろと水が流れている。飲用不可と書かれていたがわずかに口に含んでみた。特にこれといった特徴もなく、普通の水であった。ランナーさんなのか、早い人が何人も下ってくる。だいぶ登ると天狗の硯石がある。その先へ登っていくと、木が少なくなり、右手に眺めが広がるようになってくる。途中で休んでいるご夫婦がいて、槍が眺められるという。確かに槍ヶ岳のようだ。もうそろそろ分岐かとお話すると、その方達もこの山は始めてということだった。先へ進み、登っていくと、分岐に着く。振り返るとやはり北アルプスの眺めが良い。

 さらに登るとわずかな登りで鳥居がある。これが飯縄神社かと思っていたが、さらに先へ登ると小さなピークにたどり着く。その裏手あたりに神社があって、こちらが本当の飯縄神社だった。神社前に行ってみると、神社の中にいた人にこちらへどうぞと言われたが、写真を撮っただけで戻る。長野方面が眺められたが、霞んでいて写真はだめだった。もう山頂が見えている。緩やかな道を下って、さらに山頂へ登り返す。のんびり気分で登ると、ちょっと広めの山頂に着いた。山頂からは素晴らしい眺めだ。近くの高妻山は言うにおよばず、妙高山なども見え、そして北アルプス連峰を白馬岳あたりから、槍ヶ岳などを見ることができた。やはり早い時間に登れたのが良かったのだろう。ゆっくり眺めを堪能してからお湯を沸かしてコーヒーを入れる。至福の時間である。

☆下山

 さて、随分のんびりしたが、まだ時間は早い。お昼のお蕎麦にしっかり間に合うだろう。瑪瑙山に向かう道を取ろうか、それとも中社に下る道にしようか迷ったが、瑪瑙山へ向かうとスキー場の中を下ることになりそうなので中社へ下ることにした。



 先ほど登ってきた道をしばらく戻る。さすがに登って来る人に次から次と出会う。飯縄神社を過ぎてさらに下ると中社への分岐がある。もう北アルプスにはガスが湧き始めて霞み始めていた。わずかに紅葉しているが、まだ少し早いようだ。下っていくと眺めはなくなり、樹林の中を下っていく。登って来る人がやはりたくさんである。お手頃な山だけに登る人も多いようだ。だいぶ下った頃、萱の宮と思われる祠と鳥居を過ぎる。少し緩やかになって、高度を下げたせいかちょっと暑くなってきた。さすがにお昼近くなってきて会う人もいなくなり、ひたすら道を下っていく。途中で道が別れていてどちらに行こうかと迷ったが、右の道に赤テープがあったのでそちらの道を取った。特にどうといこともない樹林の中を下っていくとやがて左に少し曲がって、車の通行止めのためのロープがあり、それを越えれば林道だった。車がたくさん駐車している。右へ歩いていくと、やがてさらに車がたくさん駐車していてなんだろうと思ったら、戸隠チビッコ忍者村というのがあった。子供が遊べるテーマパークらしく、子供連れの家族が多かった。その先へ歩いていけば戸隠神告げ温泉があった。以前にも来たことがある温泉だ。温泉としてはそれほどではないが、さっぱりできる。ゆっくり入浴してから蕎麦を頼む。ちょうどお昼時ということもあってかなり混雑していたのでだいぶ待たされた。おかげでビールの酔いがすっかり回った頃にようやく蕎麦がやってきた。

 中社まで歩くとすでにバス待ちの長い行列ができていた。満員で立って乗ることになったが、途中に営業所があってそこで臨時のバスが出てそちらに乗り換えることになり、ゆっくり座れた。楽しい時間はあっという間だ。長野駅に着いたがまだ時間も早い。予定通り松本経由の普通列車に乗る。家までは6時間と長かったが、それも楽しい鉄道の旅であった。


前日の黒姫山はこらち


ホームへ